4月11日 Angelsリポート 岡田監督だったら「そらあかんわ」?!

Angels リポート

昨日の試合から続く、ハードに捉えられていないのに、外野の前に落ちるヒット。今日のエンゼルスは、最終的に被安打14を許し、守備のミスも絡んで、4-6で敗れてしまいました。

先発のスアレスが、先週に引き続きピリッとせず。レンフローの3試合連続ホームランを除けば、あまり良いところがなく、逆に修正点の多いゲームだったと思います。

本日の記事では、KKがそのように感じた理由も踏まえつつ、今日の「ワースト」プレー紹介に加えて、試合後のスアレスのコメント/監督会見コメントの翻訳紹介、そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします!今日も最後までぜひ、ご覧ください!

今日のワーストプレー


今日のベストプレー、、ではなく、今日は残念ですがワーストプレーを取り上げたいと思います(泣)。少しネガティブですが、これからの注目ポイントになると思うので、涙を噛みしめて書きます。まず今日のワーストプレーはこちら↓

ダブルプレーかどうか際どい中でしたが、ファーストを守っていたドゥルーリーが2塁ランナーの動きを見ていなかったので、結果的に生還を許してしまい、不必要な失点を喫してしまいました。実は5回にも、同じくドゥルーリーの判断ミスで、ホームで確実にアウトを取れるところで無理にダブルプレーを狙って1失点、というのがあったんです。

昨日、今シーズンのエンゼルスにおけるアーシェラの加入、それによって生まれる層の厚みがどれだけ大きいのか、という記事を書いて、たくさんの方から反響がありました。とても嬉しかったのですが、その裏に一点、問題点があることを書いていなかったなぁと思っていたところ、まさにその問題点が今日出てしまいました。

その問題点とは、層の厚みゆえに、ポジションがコロコロ変わること。今年は、サードのレンドンを除けば、内野手ほぼ全員が2つ以上のポジションにトライしています。ウォルシュは1塁と外野、レンヒーフォ/フレッチャーは1塁以外全て、ドゥルーリーとアーシェラは、場合によっては内野全てをこなす可能性も。

昨オフの間、KKは今シーズンのために色々と野球の勉強を本や動画で重ねていましたが、今年から阪神タイガースの監督を務めておられる岡田彰布監督がこんなことをおっしゃっていたのをふと、思い出しました。

『ある程度その…守るポジションを決めなあかんわ。今日ショートで先発、明日セカンドで先発はあかんわ。そら、あかんな。』と。

今日のドゥルーリーの2つのミス、そして、先日も、サードに入ったレンヒーフォの送球が荒れて、悪送球になって失点につながりましたよね。奇しくも、両方スアレスの先発試合でした。もちろん、経緯はなんであれ、10試合のうち半分に出られていないレンドンの責任も大きいです。それが故に色々とシャッフルしている側面もあるので。

ただ、レンドン不在の中でも、ある程度はポジションを固定してあげないと、また守備のミスから失点してズルズルいく試合展開が起こりかねないように思います。特にドゥルーリーとレンヒーフォの2人。(守備に定評のあるフレッチャーとアーシェラは、ある程度ポジションを回しても大丈夫だと思いますが。)

ネビン監督には、今シーズンはせっかくさまざまなオプションがあるんだから、ブルペンの勝ちパターンだけでなく、守備陣のシャッフルについても、最適解を早く見つけて欲しいと願います。

【おすすめコーナー】

先日KKが街を歩いていると、とうとう自分の目にも入ってきましたよ…!
ニューバランスの大谷翔平選手の広告!KKは昔から、好きな選手と同じメーカーの服やシューズばかり着る傾向があるので、これからはニューバランス一本になりそうです!(笑)
リサーチしてみたら、大谷選手が実際に着用されていたTシャツはこれだそうですね!↓

ただし、大谷選手の着用された黒は既に完売とのこと。あらためて、凄まじい宣伝効果ですね〜。(とはいえ、エンゼルスのビジターユニフォームのグレーや、ホームユニの白まだ在庫があるようなので、商品ページを覗いてみてください!

+ナイショにしたいくらいですが、KKが見つけてきた、上記の物にかなり近いシャツはこちら↓。こちらなら、ほぼ同じ柄なのに、黒もありましたよ!!!

先発したスアレスの試合後コメント&成績紹介

試合後に、とうとうインスタグラムを削除したとの話題が飛び交うスアレス投手。今日の最終的な結果としては、4回を投げ、被安打10で4失点での降板でした。まずは以下、本人の試合後のコメントをご紹介します。

『申し訳なく思います。本当に悪いし、チームの勝利に貢献できませんでした。動揺しています。』

とのことです。正直、KKはこれを見た瞬間、「おい、先週の勢いはどうした」と思いました。(先週の記事はこちら↓)

これからは、投球内容だけでなく、メンタル面も課題になってくると思います。降板してグローブを投げつけたり、まだ本当かどうかわかりませんが、感情に任せてインスタを消去したりしているようでは、プレーオフを目指すチームの先発ローテの一人として本当にやっていけるのか。

スアレスと交代して、5回から投げたデビットソンの方が、まだ良いかもしれないと考える方も少なくないでしょう。チームとして、スアちゃんの乱調に我慢できる時間も今年はあまり長くないはず。次回こそは、昨年のように笑顔で登板を終えて欲しいです。

(スアレスの試合後コメントは、ジェフ・フレッチャー記者の記事よりコメント部分のみ引用しました。英語版の記事もぜひ、読んでみてくださいね〜!JEFF FLETCHER記者『Angels’ José Suarez squanders early lead in second straight poor performance』Orange County Register)

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。欠場したレンドンについてや、スアレスについても、たくさん語ってくださっていました。今日のような試合を踏まえて、今後どのような采配をするのかが、大事になってくると個人的には思います。以下、今日もぜひ会見の様子に目を通してみてください。

-ハードな当たりの少ない中でしたが、14安打を許してしまいました

『そうだね。2日連続でこういう流れが続くのは珍しいけど。でも、守備のミスがいくつかあって、2点を許してしまった。そして、それが試合を決めてしまった。』

-デビットソンについて

『彼はブルペンから出てきて、素晴らしい仕事をしてくれたと思う。点は取られたが、喫すべき失点ではなかった。でも、点差を離されすぎずに投げ切って、チームに勝つチャンスを作ってくれたからね。』

-レンドンについて、今日は代打では出れる状態でしたか?

『No。みんなも見たと思うけど、昨日、98マイルのボールが当たったんだからね。明日また状態を見る。ノックを受けたり、動けるには動けるんだけど、スイングができない。今日も必要があれば、守備では出せたかもしれない。』

-スアレスについて

『荒れていた、というのが自分ができる一番マシな表現かな。変化球が普段のように決まっていなかった。チェンジアップも高めにいっていて、ボールが真ん中に寄っていっていた。綺麗に捉えられた当たりはそれでも少なかったんだけど、インプレーにされて、上手く落とされてしまった。スアレス本人も、これより良い投球をしないといけないと分かっているはずだし、彼も質問されたら同じ答えをすると思う。彼のことを信頼しているし、昨年頑張ってくれていたしね。まだ2試合だし、改善してくれるよ。』


-スアレスについて②、特に何が悪いのか?

『制球が良くないと思う。制球が良ければ、ボール自体も良いからね。昨年から同じ球種を投げていて、今日も直球は悪くなかったと思う。ここ2試合、変化球がキテないよね。真ん中に入って、相手に捕まっている。』

-ドゥルーリーの守備のミス1つ目について

『打者走者のスピードを考えても、ダブルプレーが取れそうではなかったし、追加点を与えたくない状況だった。打球だけを見ると、ダブルプレーを取りに行こうと自然と反応してしまうんだろうけれど、エイブラムズのようなリーグトップクラスの走者ではゲッツーは取れない。ドゥルーリーともベンチで話したし、彼も同じ回答をすると思う。』

-ドゥルーリーの守備のミス2つ目について

『1塁でダブルプレーが取れるかどうかの際どい中だったが、2塁ランナーがどこにいるのかは把握していないといけない。セカンドから生還されてはダメだよ。』

【おすすめコーナー2】

色んな方のTwitterを拝見していると、どうやら今シーズンはたくさんLAを訪れて、試合を生観戦されているファンの方も多いようですね!計画中の方も多いのではないでしょうか?
計画がある方にも、計画もないしアメリカ怖い、という方にもおすすめなのは、とりあえずガイドブックを見てみることです!最低限、旅した気持ちになれます(笑)

↑どちらも商品ページから試し読みできるそうです!KKも気分だけでも味わいます!(泣)

明日の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、来ました!大谷翔平選手です!もう特に説明することもありませんね(笑)。ナショナルズ打線は、前回のマリナーズと比べるとやはり怖い打者が少ないですし、今シーズン初めてのホームでの登板で、いきなりの2桁奪三振を期待したいと思います!

そして、明日のナショナルズの先発投手はジョサイア・グレイ投手。2021年に、あのシャーザー+トレイ・ターナーとのトレードで、ドジャースからナショナルズに加入した若手の右腕です。KKは、彼が登板している姿を数回、2021年に見ましたが、大谷選手のような圧倒的エースというタイプではないものの、全ての能力が総じて高く、総合力のある投手だと感じました。

昨シーズンの防御率は5.02で、whipも1.36と、まだ「期待の若手」の域を出ていないグレイ投手ではありますが、奪三振率が高く、1イニングに1つは三振を奪っているような数字が出ています。調子に乗せてしまう前に、早めに点を取って、大谷選手に楽に投げてもらう展開を期待します!KK

タイトルとURLをコピーしました