8月10日 Angelsリポート 大谷選手10勝目!今日もムスタカスが決勝打、最高です!!

Angels リポート

4-1。6回の裏に逆転を決めたエンゼルスが、そのまま押し勝って、2連勝となりました!

勝利投手は、6回1失点(自責点0)のナイスピッチングを見せてくれた大谷翔平選手で、今季10勝目!史上初の2年連続2桁勝利&2桁HRだそうです!!

エステベスが今日はリードを守り切って、24セーブ目を無事上げてくれたのも、ホッとしましたね!

本日の記事では、最高の試合から、今日もヒーローのムスタカスの特集と、ネビン監督の特集(試合後会見翻訳紹介)です!そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします。本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

今日のヒーロー特集(インタビュー翻訳&成績紹介)

今日のヒーローも、試合を決めた決勝打の3ランHRに加え、素晴らしい守備でも勝利に貢献してくれたムスタカスでした!

まずは早速、彼のヒーローインタビューの様子を以下で引用してご紹介します!

(インタビューの内容はこちらのツイートより引用しています)

-すごいプレーで試合が終わりましたね!ナイスキャッチでした!

『アンビリーバブルな勝利ですね!全員でずっと戦い抜きました。オオタニは今日素晴らしいボールを投げていて、良い仕事をしてくれました。勝利で終えることができて、まさに望んでいた通りですね!』

-先日チームに加入してから、既に4本目の3ランHRですよ

『毎晩、とにかく楽しみながらハードにプレーしようと。この素晴らしいファンの皆さんの前でプレーできるのは本当に光栄なことですし、さらには自分の地元ですから。すごく楽しいし、大好きなので、続けていきたいです!』

-大谷翔平選手にとって援護点のHRは大きかったですね?

『大きかったです。ショウヘイは今日素晴らしかったですし、戦っていました。そんな彼に勝利をつけることができたのが大きいし、彼が先発の日は勝てる確率が高いとみんな思っていますから。今日もそうできたし、よく頑張ってくれたと思います!』

とのことでした!まさかの2試合連続でのヒーローインタビューとなりましたが、この選出に誰も文句はありませんよね!(笑)

今日のHRは、ムスタカスにとってエンゼルスに合流してから7本目でしたが、そのうち6本が同点弾or勝ち越し弾だそうで、これ以上ないクラッチヒッターっぷりを見せつけてくれていますよね。

ここ7試合での成績は、なんと驚愕の打率.393、OPSに至っては1.129という人間離れした成績を残してくれています!

チームが苦しい時にこそ力を発揮してくれるベテランで、且つ、人格者のムース。これからも毎日活躍する姿を見ていきたいですね!!

おすすめコーナー

ネビン監督の特集章(試合後会見翻訳紹介)

さて、ネビン監督の試合後コメントの紹介コーナーです。

2日連続でネビン監督のユーモアを堪能できて、KKは個人的にはとても嬉しい連勝でした。最後の質問で、『(ショウヘイは)俺に怒ってたのかな?』とおっしゃっておられましたが、文字だと分かりづらい気がするけど、完全にジョークです(笑)。

エステベスについてもお話しされていて、クロフォードに打たれた理由の解説はとても勉強になりましたので、ぜひその辺りにも注目しつつ、以下本日も、ネビン監督の会見の様子に目を通してみてください。

(会見の内容はこちらのツイートより引用しています)

大谷翔平選手の登板について

『2回を除けば、すごく良かったと思ったよ。良いボールを投げていて、効果的だった。ピンチで球数が増えてしまって、他の投手を準備させる直前だったけどね。ショウヘイも疲れていた。16連戦だから。ショウヘイ本人が、6回までで降りると話してきたんだ。ちょっとエネルギーも少なくなってきているであろう中で、6回も投げ切ってくれた。マウンドで話をしたけど、捻ったように見えた足は大丈夫だった。とにかく疲れていたんだと思うし、明日のオフはこれ以上ないタイミングだよ。』

-エステベスについて

『良かったよ。本当に。クロフォードには良い当たりを飛ばされてしまったけど、初球からアウトが取れた後だったから、振ってくると思わなかったんだと思う。そこは、すがベテランという打撃をされてしまったね。その後、試合終了になりそうなダブルプレーのゴロが飛んだんだけど、クロンの1塁に戻ろうとする気持ちが出過ぎてしまった。彼は1塁の守備はすごく上手だし、文句をつけるような選手じゃないんだけどね。最後はムスタカスが素晴らしいキャッチでなんとかしてくれたね。』

-チームの士気について

『みんなの気持ちが切れていてもおかしくなかった。特に、このホームでの連戦で起きたことを考えたらね。でも、さっきの話でエステベスに関して言えば、チーム全員がエステベスのことを信じているし、自分も信じている。今日が良い流れになる再スタート地点であったら良いなと思うよ。』

-大谷翔平選手は疲れていたとのことですが、明日のオフ以上に何か休みを与える方針はありますか?

『No。ショウヘイは、彼のバッテリーを再充電することに関しては素晴らしいから。たくさん寝る人だと聞いているし、明日はそうするだろうね。』

-大谷翔平選手、6回の降板後には、イラつきをあらわにするような姿もありましたが?

『彼に聞いてよ(笑)。俺に対して怒ってたのかな?分からないけど(笑)。ただ、疲れが出ていると言うことを悔しがっていたんだと思うよ。彼は、彼が望むレベルでプレーできないと、悔しがる姿をよく見せているから。彼の登板日は、彼の日だからね。たった1失点だし、本当に良い仕事だった。』

おすすめコーナー2

次戦の先発ピッチャー&注目ポイント

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!今日で長かった16連戦も終わり、明日のオフを挟んで、次からはアストロズ戦に移ります。

次戦のエンゼルスの先発投手は、リード・デトマーズ投手!
前回登板は、マリナーズに登板して、4回7失点、被安打9に被本塁打3で、かなり打ち込まれてしまいました。

6月の月間成績が、防御率2.05で、5登板全てで5回以上投げ切る好調ぶりだったのに対し、7月は月間防御率6.12という不調の月に。

今季のデトマーズは、調子が良かったり悪かったりする不安定なシーズンを送っていると言って過言ではないですよね。

課題はやはり、攻め方の部分でしょうか。カウントを悪くしてしまって球数が増え、疲れてきたところで痛打されるパターンが目立つように感じています。

アストロズのメンバーの中では、アルトゥーべやペーニャ、タッカーと言った主軸の打者たちに対戦打率.300以上の成績を残されているので、彼らの前に走者を溜めないことが大事ですね。特に不必要な四球は避けて、カウントを良くして投げ込んで欲しいところです。

画像:MLB公式アプリより

そして、対するアストロズの先発投手は、ジャスティン・バーランダー投手。かつてのエースが、アストロズにトレードデッドラインで帰ってきました。

アストロズの投手として投げたのはまだ1試合のみで、ヤンキース戦に先発して、7回2失点というピッチング。味方からの援護が無かったので、負け投手になっていますが、被安打7・四球2で走者を溜めながらも、要所を締める投球はさすがですね。

全盛期と比べると、奪三振能力が大幅な衰えを見せている今季のバーランダーですが、球界を代表する投手であることは間違いありません。大谷翔平選手との直接対戦も、あと何度あるか分かりませんので、目に焼き付けるつもりで観戦しましょう!KK

DAZN
タイトルとURLをコピーしました