8月4日 Angelsリポート エステベスがまさかの逆転満塁弾を被弾。。試合後のコメントはコレ!

Angels リポート

3-5。大谷翔平選手に今季40号HRが飛び出し、9回はいつものようにエステベスに任せて初戦を勝利、と誰もが思ったところでしたが、今日のエンゼルスはまさかの逆転負けを喫してしまいました。

敗戦投手は、逆転満塁弾を被弾してしまったエステベスで2敗目。セーブ失敗は今シーズン初めての出来事です。

本日の記事では、そんな悔しい試合から、ネビン監督の特集(試合後会見翻訳紹介)エステベスの特集次戦の先発投手と注目ポイントのお知らせです。本日もぜひ最後まで、ご覧ください。

ネビン監督の特集章(試合後会見翻訳紹介)+エステベスの試合後

さて、本日も、ネビン監督の試合後コメントのご紹介からスタートです。

ホームに戻って、また調子を取り戻していきたい中で、勝利まであと少しでの敗戦。且つ、エースに再度のアクシデントが起こるという苦しい出来事の連続だったので、今日のネビン監督はやはりテンションが低めでした。

ただ、それでもエステベスへの信頼は揺るがないと語る姿は監督らしくカッコよかったので、ぜひ、その辺りにも注目しつつ、以下本日も、ネビン監督の会見の様子に目を通してみてください。

(会見の内容はこちらのツイートより引用しています)

-大谷翔平選手の降板については


『右手の中指が痙攣していて、もう投げられないと告げられた。交代させるしかなかったよ。彼の身体については、彼のことを信頼してきたし、そう告げられたら交代させるしかない。』

-どれくらい心配されていますか?

『指だから、そこまで大きく心配してはいない。誰が見ても分かるけど、打つのは問題無かった。またチェックは受けてもらうが、基本的に先発した後はいつも2日は投げないからね。その間にどうなるか見てみないと。指だし、痙攣を続けていたようだが、腕ではないと言うのがまだ良いニュースではある。でも、痙攣が続いていて、今日はもう投げられないと告げられたんだ。』

-エステベスについては、何が良く無かったでしょうか?

『先頭から2人続けて歩かせてしまった。デンジャラスなことだよ。前もそう言う時があって、そこから抑えたことがあったのも、もちろん覚えているけど。でも、彼がウチのクローザーだから。リーグで唯一の、パーフェクトで来ていたクローザーだよ。彼がいなければ、まだプレーオフを狙えるような位置にはいなかった。今日のことを強く悔やんでいるとは思うが、良いクローザーたちがするように、切り替えて準備してくれると思うし、また明日もリードしていたら9回にボールを渡すよ。』

とのことでした!そして、今日は監督の会見が長く無かったので、エステベス本人が試合後にどのように語ったのかについても、以下で見てみたいと思います。

ここまで23セーブ、失敗0というリーグでも最高のクローザーだっただけに、やはり多少落ち込んでいるようには見えましたが、しっかりと前を向いているようにも感じたので、明日からはまた信じて任せましょう!

(会見の内容はこちらのツイートより引用しています)

-今季初めてのセーブ失敗です

『とてもタフでした。イニングの先頭から2人連続で歩かせてしまって、理想的な展開では無かったです。それが1番大きなミスだったかもしれません。』

-打たれたのは高めの直球でしたね

『直球を高めに投げ込むのは、今季ずっと続けてきたことです。ストライクゾーンの外のボールを打たれたのは、今年で初めてですし、まさかこんなタイミングで、とは思いますが。ただ、もし四球2つがなければ、まだ試合が続いていたはずなので、悔しいです。』

-今日は調子が悪かったんでしょうか?

『調子は悪く無かったです。100マイル出ていましたし。疲れていたとかは無かったですね。メカニクス的に少しズレていたのはあったかもしれませんが。でも、投げていく内に合ってきていたし、やっぱり調子は悪く無かったと感じました。』

-この試合の受け止め方

『重要だし、だからこそタフです。でも、まだまだ試合はあるので。チームメイトはみんな責めずに支えてくれていますし、それこそが重要です。チームだし、またみんなで1つになって、明日の試合に臨むだけですね。』

おすすめコーナー

次戦の先発ピッチャー&注目ポイント

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

次戦のエンゼルスの先発投手は、リード・デトマーズ投手です!
前回は、ブルージェイズ戦のシリーズ2戦目に先発し、5回途中2失点という成績でした。

ある意味いつも通りではありますが、球数が多めだったため、早めの交代となっていました。ただ、5回に2ランHRを浴びるまでは無失点投球でしたので、明日も腕を振って、どんどん攻めていって欲しいなと思います。

デトマーズにとっては、開幕直後のシリーズ以来、今季2度目のマリナーズ戦の登板になります。前回は5回途中3失点という成績で、タイ・フランスに1本と、スアレスに2本タイムリーを浴びていますので、明日もこの2人には特に注意する必要がありそうですね。

画像:MLB公式アプリより

そして、対するマリナーズの先発は、ルイス・カスティーヨ投手。マリナーズのエース右腕と、今季早くも3回目の対決になりました。

ここまで2試合の直接対決では、エンゼルスは1勝1敗。開幕直後のシアトルでのシリーズでは、6回途中無失点、ヒットたった2本で勝ち投手にしてしまいましたが、6月のエンゼルスタジアムでの試合では6回5失点と打ち込んで、負け投手にしています。

その勝った際には、大谷翔平選手とモニアックのHRと、レンヒーフォのタイムリーで5点を奪っていました。その3人に加えて、ムスタカスとエスコバーもカスティーヨ相手に打率3割越えなので、結構期待できそうなメンバーは多いですね。

ワイルドカード最後の位置にいるブルージェイズも今日敗れて、貯金は10のままです。これ以上離されるわけには絶対にいかないので、なんとしても明日から3連勝でシリーズ勝利して、また追いかけていくしかありません!応援を続けましょう!KK

情報発信活動を続けていくために、皆さまからのサポートを募集しています。
①noteの記事を読んで、下部からサポート↓
2023年Angels注目選手紹介 アンソニー・レンドン|高山恵佳(KK)
1. はじめに 2023年、エンゼルスの注目選手を紹介していくnote連載記事シリーズ、1番最初の注目選手に選んだのは、アンソニー・レンドン選手です!なぜレンドンでスタートするのか?その理由はシンプルで、レンドンが試合に出場すればするほど、エンゼルスには勝利のチャンスが増えると考えられるから。昨年の2022年シーズン...
②noteのメンバーシップで記事の先行公開や限定コミュニティ↓
Team KKs|高山恵佳(KK)
大谷翔平選手・エンゼルスを応援する方で、KKと一緒にアメリカの情報も得ながら試合を見たい方に向けたコミュニティーです。 KKへのサポート/活動支援をしつつ、同時に翻訳記事の先行公開や、Twitterでは書けないことを共有する掲示板をご利用いただけます。 いつもTwitterをご覧いただいている皆さんと、こちらでも楽しん...
③Twitterのスーパーフォローも準備中です! 皆さまぜひ、よろしくお願い致します〜! (こちらのホームページに広告を出してくださるスポンサーさまも募集しています。ご興味があればぜひ、お問合せフォームよりご連絡くださいませ。)
DAZN
タイトルとURLをコピーしました