4月5日 Angelsリポート 大敗から学ぼうの回

Angels リポート

今日のエンゼルスvsマリナーズの試合は、残念ながら2-11と、エンゼルスは今シーズン初の大量点差での大敗になってしまいました。。

出場停止中のレンドンに加えて、今日はアーシェラも休養日だったため、サードのスタメンを務めたのはレンヒーフォ。同じベネズエラ出身の先発スアレスを盛り立てたいところでしたが、初回から悪送球をしてしまい、先制点献上に繋がるミスとなってしまいました。その後も、ファーストのラムがファウルフライを落球したり、守備が落ち着かなかったエンゼルス。スアレスは5回に完全に捕まってしまい、4回と3分の1を投げて7失点でのKOとなってしまいました。

今日の記事は、今日のベストプレー紹介に加えて、残念な結果となってしまったゲームからではありますが、先発したスアレスの試合後コメント翻訳紹介/ネビン監督の試合後の会見翻訳紹介と2つの翻訳紹介です!そして、最後には明日の先発投手と注目ポイントもお知らせします!最後までぜひご覧ください〜!

今日のベストプレー


今日のベストプレー、今日はもちろん、マーシュのHR です!!??!!

…何か問題でも?(笑)まぁたまには、エンゼルスの選手じゃない選手のプレーがベストプレーでも良いではありませんか。ましてやマーシュですし、ほぼエンゼルスの選手じゃないですか(!?)

冗談はさておき、マーシュ、フィリーズに行ってから本当にフォームが変わりました。フィリーズの主砲、ブライス・ハーパー選手をかなり参考にしているんだろうなと思わせる、ノーステップ打法。WBCでダルビッシュ投手から1発を放ったシュワーバーもチームメイトですし、最高峰の選手たちから、良い影響を受けているんでしょうね。

フィリーズの現地実況席でも、『マーシュのビューティフルなスイングでした。体制を崩さずに、ボールをクラッシュしましたね。』と褒められていましたよ。ちなみに飛距離は132メートル飛んでいたそうです。マーシュすごい!

どうやら昨日の試合で、マーシュは攻撃でも守備でもミスを重ねてしまっていたようで、今日の当たりが取り返す1発となっていたら良いですが…。開幕してまだ4試合の出場ですが、15打数で5安打、なんとそのうち4本が長打だそうです。

そういえば、先日エンゼルスの現地実況席でも、「マーシュとオホッピのトレードはまさにMLBのトレードだったね」という話が出ていました。トレードになって、お互いすぐに移籍先のチームで活躍する姿を見せていますもんね。まだまだ若い2人。正直このトレードに関しては、KKは個人的に、「どちらが勝ちでどちらが損した」みたいな議論は適さないと思っています。ただただ、両者ともに素敵なMLBキャリアを築くことだけを、祈っていたいです。

【おすすめコーナー】

マーシュはフィリーズに加入してから、どんな選手たちとプレーしているのでしょうか? また、エンゼルスにも新加入の選手たちがたくさんアーシェラにドゥルーリー、レンフローにエステベス。。
新メンバーのことを学んだり、数日ごとに変わる相手チームについて調べたりするのには、選手名鑑はやっぱり欠かせません!以下にオススメの選手名鑑を挙げておきますね!↓

先発したスアレスの試合後コメント&成績紹介

インスタグラムではいつも元気な姿を見せてくれているスアレス。今日の試合も、普段の笑顔のような展開に…とは残念ながら行きませんでした。5回途中で被安打8、ホームランも2本も許してしまって、7失点での降板に。以下、本人の試合後のコメントをご紹介します。

『ボールの感覚は悪くなかった。制球は良かったし、それでも打たれてしまうことがあるのがベースボール。次の試合はもっと良い結果になると思います。』


とのことでした。正直個人的に、「この試合の後にこのコメントってマジかよ」と思いましたが、それも彼らしいといえば彼らしいような…?ある意味性格がわかるコメントで、とても興味深かったです。とは言え、しっかり投手コーチと今日の反省点を洗って、改善の上で、次戦に臨んでいただきたいと思います。

(スアレスの試合後コメントは、ジェフ・フレッチャー記者の記事よりコメント部分のみ引用しました。英語版の記事もぜひ、読んでみてくださいね〜!JEFF FLETCHER記者『Angels’ José Suarez hit hard in blowout loss to Mariners』)

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、ネビン監督のコメントのご紹介です。勝利した後だけでなく、負けてしまった際のコメントにも注目しておくと、チームの状態や指揮官の考えがしっかりと理解できるので、良いですよ〜!以下ぜひ目を通して見てください。


-相手先発のカスティーヨがとても良かったですね

『うん、彼はとても良かったね。早めに援護点を与えてしまって…やっぱり彼は良い投手。でも、攻撃陣からは良いスイングも随所で見られたし、諦めなかった。明日勝てばシリーズ勝ち越しで遠征を終える良いチャンスだから、明日に切り替えたいね。』

-ウォードが先頭でツーベースを打ってくれましたが、点が取れませんでした。試合の展開にどんな影響があったでしょうか?

『そうだね、大きな影響があったと思う。初回にウォードのツーベース、相手も先頭打者がツーベースで、相手はそこから先制点を挙げた。守備のミスがあったし、違う展開になったかもしれない可能性もあったが、今日は自分たちに取って良くない展開になってしまった。』

-スアレスの今夜の課題は制球でしょうか?

『選球と制球の両方かな。(試合が傾いた)あの段階では、取れる限りのアウトを取ってもらうしかなかったし、スアレスもそれはわかっていたと思う。バリアは最後まで投げ切ってくれて、ブルペンをセーブできる良い頑張りを見せてくれた。さっきも言ったけど、明日のチャンスを活かして、良い形で遠征を終えてホーム開幕戦に臨みたい。』

【おすすめコーナー2】

日本中で、日差しが強い日が、数日続いていましたね!KKは昨日初めて日傘デビューしましたが、キャップもあるとよりベター。こちらは少し前のMVP記念のキャップですが、サイドのパッチに大谷翔平選手の名前がシンプルに書かれていて良い感じです!(画像をアップにして見てみてください〜!

半袖のエンゼルスTシャツもTV観戦のお供にオススメで、赤以外の色も商品ページでは見られます。個人的にはグレーがお気に入りです!

明日の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!
明日の、対マリナーズ第1シリーズの最終戦、エンゼルスの先発マウンドに上がるのは、我らが大谷翔平選手です!

マリナーズは、前回対戦したアスレチックスと比較すると、なかなかの強力打線。特に、先頭打者を務める新時代のスター、フリオ・ロドリゲスvs大谷翔平選手は全打席全集中の注目ポイントですね!

また、今日の試合でブルペンを消費しなかったのは、不幸中の幸いと言えるかもしれません。大谷選手が降りた後、ハーゲットやムーア、エステベスに頼る展開になると思われますが、今回こそはリードを守り切ってくれると期待しましょう!

対するマリナーズは、クリス・フレクセン投手。当初はマリナーズの左のエース、ロビー・レイ投手と大谷選手のマッチアップのはずだったのですが、故障者リスト入りすることになったので、フレクセン投手となりました。

フレクセン投手の昨年の成績は、33試合に登板(うち22試合が先発)、8勝9敗で防御率は3.73。WHIPは1.33でした。今日のカスティーヨや、上述のレイのようなエース級と比べると少し劣る成績ですので、明日こそしっかり打線が大谷選手を援護して(自援護含む)、楽に投げられる展開に持っていって欲しいです!KK

タイトルとURLをコピーしました