4月10日 Angelsリポート 敗戦の中に見えたエンゼルスの変化

Angels リポート

今シーズンのこれまでの試合の中でも、トップクラスに激しい試合となった今日のゲーム。最後は11-12でエンゼルスは敗れてしまいました。

ブルージェイズの先発菊池雄星投手から大谷翔平選手のHRが出て、6点をリードするも、その後は激しい打ち合いでシーソーゲームに。敗れはしたものの、今日の試合からは、昨年のエンゼルスとは違う姿が見られたようにも感じました。

本日の記事では、KKがそのように感じた理由も踏まえつつ、今日のベストプレー紹介に加えて、試合後のデトマーズのコメント/監督会見コメントの翻訳紹介、そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします!最後までぜひ、ご覧ください!

今日のベストプレー


今日のベストプレー、大谷翔平選手が菊池雄星投手から放ったHRは、今日の日本中のニュースで色んな角度から取り上げられる事だと思うので、それはもう日本の各メディアにお任せするとして(笑)、KKが選んだのは、10回の裏、1死2塁からアーシェラが打ったセンター前ヒットです!

色んな見どころがあった中で、なぜそこ?と思われる方も多いと思うので、以下で説明します。

この10回は、延長に入った特別ルールで、無死2塁からの攻撃(ちなみにこのルールを決めたコミッショナーに準えて、「マンフレッドダブル」と呼んだりするのですが、皮肉が効いてて個人的に好きです)。

そして、エンゼルスの打順は、7・8・9でした。そう、昨年のエンゼルスの打線の中で最も苦しんだ打順です。正直、昨年までなら、「7番のレンヒーフォ三振→8番ステファニック内野ゴロ→9番スタッシ見逃し三振」とかで、ウォードとトラウタニまで回らなかった可能性がかなり高いと思います。(昨年から見てた方は、痛いほどわかってくださるはず。)

それが今日はどうだったでしょうか。この新加入のアーシェラが、きっちりと繋いで、ウォードとトラウタニに打順を回してくれました。先頭のレンヒーフォが空振りの三振で、少しイヤな雰囲気の中、初球の高めの直球を見逃さずに基本のセンター返し。

9回に3点差を追いついた際も、先頭打者だったアーシェラのほとんど同じようなヒットから始まりましたよね。こうした下位からの繋がりが、エンゼルスに欠けていたものだと思いますし、アーシェラを獲得したミナシアンGMとネビン監督を改めて称賛したくなりました。

今日は10回、最後に大谷選手に一本が出ず、悔しい敗戦となってしまいましたが、似たような展開でまた大谷選手に回ってきた際には、次こそ打ってくれると、個人的には信じています。だからこそ、今日のアーシェラのようなスポットライトを浴びづらい働きが、今後とも大事になってくるのではないでしょうか。

【おすすめコーナー】

日本各地の雨も上がって、これからどんどん暖かくなりそうですね!日除けグッズにどうせ帽子を持つなら、エンゼルスのキャップにしておくと、被るだけでなんとなくテンションが上がりますよ〜!こちらは、控えめなデザインでオススメなのでシェアしておきます。商品ページで見られる、ヴィンテージネイビーの色の方が可愛いな、と個人的には思っています!↓

ツバが真っ直ぐでカッコ良いタイプはこちら↓
他のロゴや色もあるようです。赤色もカッコ良いですね!

先発したデトマーズの試合後コメント&成績紹介

2試合連続で6回まで投げ切れず、チームの悔しい敗戦のきっかけを作ってしまったデトマーズ。まずは、今日の試合後の彼のコメントを紹介します。

『調子は良かったです。でも、6回に、投げたいボールをしっかりプラン通りに投げきれなかった。ビシェットに、上手く野手の間を抜かれて、そこからおかしくなってしまった。やはり、プラン通りに投げ切らなくてはいけないですね。』

とのことでした。3巡目で、スーパースター揃いのブルージェイズ打線が相手。球数も80球を超えてきて、厳しい中だったのはわかりますが、やはり6回を投げ切ってくれないと、なかなか勝利には結びつかないですね。

昨年のサンドバルが、素晴らしい防御率の割に、勝利数が伸びなかったのも、6回以降までしっかり投げ切れなかったのが一因でもあると、現地の実況席でも昨日の中継の中で話が出ていました。

下記でご紹介している、ネビン監督の試合後の会見で、監督も触れておられましたが、ブルペン陣を適度に休ませないことには、やっぱりチームの勝利も遠のきますよね。昨年はマイナー落ちも経験し、戻ってきてからすぐに投球内容に改善が見られたデトマーズ。今日の試合も、貴重な経験として、次に活かして欲しいです。

(デトマーズの試合後コメントは、Rhett Bollinger記者の記事よりコメント部分のみ引用しました。また、下記のネビン監督の会見コメントは、Sarah Valenzuela記者の記事も一部引用させていただいています。英語版の記事もぜひ、読んでみてくださいね!
Rhett Bollinger記者『What to make of Halos’ bullpen after wild loss to Blue Jays』MLB.com
SARAH VALENZUELA記者『Angels blow six-run lead and lose to Blue Jays in extra innings』LA Times)

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。悔しい負けの後でしたが、冷静にチームを見ておられるなぁと感じました。日本ではどうしても報道が偏っているので、ネビン監督に信頼感を抱きにくいファンの方も多い事と存じますが、しっかりとチーム全体のことを考えておられることが伝われば幸いです。
以下、ぜひ目を通してみてください。

-今日の試合について

『戦い抜いたと思う。攻撃陣の姿勢が素晴らしかった。デトマーズも5回まではとても良かったしね。このシリーズの間、試合後毎日言ってきたが、ブルージェイズ打線は本当に強打者揃いで調子も良いから。6回はうまく行かなかった。』


-7回について

『なかなかアウトが取れなかった。ハードに捉えられた当たりはほとんどなかったのにね。何本もポテンヒットになって。テペラはとても良いボールを投げていたと思った。自分が彼を登板させて、今日はそれがうまく行かなかったということ。』

-チームの姿勢について

『いろんな要素が試合を分けた要因になったと思うけど、チーム全体の闘う姿勢はやはり良かったと思う。こういう風に戦って、今日の良かったプレーを続けていければ、たくさんの試合に勝てると思っている。』

-デトマーズについて

『3巡目だったのに替えなかったのか、という考えも分かる。今日、ブルペンでどれだけのメンバーが登板可能だったのかについて、詳細には述べないけれど、5回まで被安打はたったの2だったから。もしあの場面で先発投手を毎回交代させていたら、ブルペンを殺してしまう。シーズンの6月には、ブルペン無しで戦うようになってしまうし、そんな事はしない。』

【おすすめコーナー2】

昨日のオススメコーナーで、WBC日本代表を優勝へ導いた栗山英樹監督のご著書をご紹介したところ、興味を持たれた方も多かったようなので、他の本もいくつかご紹介しますね!
こちらは、商品ページにて試し読みもできる1冊↓。栗山監督の考え方を知ると、また一つ野球を見るのが楽しくなるかもしれません。

お仕事の参考になりそうなのはこちら↓。帯に、「大谷翔平も中田翔も覚醒した!」と書いてあるのが、大谷選手の宣伝効果を感じますね(笑)。

明日の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、ホセ・スアレス投手!前回の登板では、マリナーズ相手に悔しい5回途中7失点KOとなってしまいました。日米のファンの間では、早くも先発5番手論争も起きてしまっているので、全てのエンゼルスファンを落ち着かせるような好投、明日こそは期待したいです。

そして、明日からは、ワシントン・ナショナルズとのシリーズ。ナショナルズの先発投手はパトリック・コービン投手です!

なんと筆者KKは、2021年シーズン、ナショナルズをフォローしてましたので、コービンに関しては任せてください!彼のキーポイントは、右打者の内角低めに沈んでいくスライダーがしっかり決まるかどうか。それに尽きます。ものすごく調子が良さそうに見える日でも、意外なところで簡単にHRを浴びて、失点が増えるケースも2021年には目立っていました。

2021年の防御率は5.82、2022年に至っては6.31で、今シーズンもナショナルズの開幕投手ではありましたが、正直エンゼルス打線にはかなりのチャンスがあるかと思います。特に、元チームメイトでコービンを理解しているであろうレンドンに、勝利へ導く打点を期待しましょう!KK

タイトルとURLをコピーしました