4月3日 Angelsリポート シリーズ勝ち越し!

Angels リポート

今日もエンゼルスは6得点、アスレチックスをシャットアウトして、シーズン初のシリーズ勝ち越しです!

エンゼルスのメンバーとして、公式戦初先発のアンダーソンが6回を投げ切って無失点。立ち上がりから、得点圏にランナーを背負うピンチを数回迎えましたが、しっかり要所を締めるのがベテランですね。

打線は昨日に引き続き、2桁の11安打を記録。オホッピの先制3ランに加え、5回には今シーズン初のトラウタニ(トラウトと大谷翔平選手の連続HR)が出て、6点を奪取。6-0と本日も快勝でした!

今日の記事はそんなゲームから、今日のベストプレー紹介に加え、トラウトのヒーローインタビュー翻訳/オホッピの試合後インタビュー翻訳/ネビン監督の試合後の会見翻訳と3つの翻訳紹介です!そして、最後には明日の先発投手をお知らせします!

今日のベストプレー


本日のベストプレーは、今日日本中のニュースで流れまくるだろうトラウタニ…ではなく、KKはあえて、オホッピの3ランを選びたいと思います!(天邪鬼)

開幕から、大谷選手が投げている時のファウルフライの落球を除けば、危なげのない姿を見せてくれているキャッチャーのオホッピ。得点圏にランナーを背負いながら、なんとか先制点を許さずに頑張ったアンダーソンにとって、大きな大きな、メジャー初HRでの援護となりました!

このホームランで、オホッピはこのシリーズ6打点に。現地放送局の解説グービーさんも『6打点で、すごいシリーズになりました!彼の家族も、スーパー興奮していることでしょう!』とおっしゃっておられました。開幕戦では、オホッピのご家族がスタンドにいる姿も映し出されていましたし、本当に喜んでおられること間違いなしですよね!

このままスタメンで定着して、新人王を取って、ご家族をもっと喜ばせてあげるなんてどうでしょうか…期待しすぎでしょうかね?(笑)。今日の試合後に受けていたインタビューの受け答えも、とてもしっかりしていて、これからの活躍がさらに楽しみになりました!(インタビューは以下でご紹介していますので、ぜひ全部読んでください〜!)

トラウトのヒーロインタビュー翻訳紹介

さて、3安打猛打賞で、ようやく結果がついてきたトラウトの、ヒーローインタビューの翻訳を全文ご紹介します!

-開幕から2試合、良い当たりが多かったですが、HRが出るのも時間の問題とお考えでしたか?

『そうだね、とにかくポジティブに気持ちを保って、良い打席を重ねていこうと。良いスイングをしっかりしたら、結果も出始めたね。』

-今シーズン初めて、大谷翔平選手との連続HRが出ましたね!どうでしたか?

『最高だね!何回もやりたいよ。ショウ(大谷翔平選手)が後ろを打っていれば、なんだって起こり得るから。勝てて楽しい開幕シリーズだったし、次のシアトルにもこの勢いで行かなきゃね。』

-ここ2試合で、この打線がどれだけ破壊力があるか示していますね?

『そうだね!みんな塁に出て、良い打席を重ねて。こうして繋いでいけると、良い結果にも繋がると思うな。』


-オホッピがこのシリーズ6打点です、どうでしたか?

『あいつはすごいな。毎日学んで、上手くなろうと球場に来てるよね。良いチームメイトだし、チームにいてくれて嬉しいよ。』


とのことでした。開幕してから、良い当たりを続けていたトラウト。3戦目で、まずはしっかり結果が出て、キャリアでも相性の良いシアトル戦に臨むことになりました!次のシリーズも、兄貴に期待ですね!

【おすすめコーナー】

4月に入って、急に暑くなりましたね!昨日は、もう夏のような気温でした。日除けにキャップを被る必要性を感じながら帰宅しましたので、ここではエンゼルスのキャップをご紹介しておきます〜。この色だと、派手すぎないので被りやすいです!

また、KKがサムネやインスタ投稿でよく着ている大谷翔平選手のパーカーは、半袖バージョンもあります!日本で販売されているので、輸入品よりは手に取りやすい価格でおすすめです。この暑さを乗り切るためにぜひ〜!

オホッピの試合後インタビュー翻訳紹介

皆さんお待ちかね!開幕からレギュラー奪取へ突っ走る、オホッピの試合後のインタビューの様子を、以下でご紹介します!


-今日の試合について

『完封できたことがまずは何より嬉しいです!投手陣が頑張ってくれました。そしてもちろん、HRも最高でした。打撃陣全体として、実力をしっかり発揮できたと思います。』

-ここ2試合の得点の取り方を見ていると、打線の怖さを感じますね?

『100%そうですね。さっきも述べたように、まさにこれが自分達の実力だと思いますし、そんなチームの一員でいられてとにかく嬉しいです。』

-先発したアンダーソンについて

『調子が良いわけではなかったけれど、そんな中で頑張って投げ切ってくれました。毎イニングたくさん話して、乗り越えて。ベテランなので、試合を理解しておられるし、本当にすごいなと思いました。こういう結果で嬉しいです。』

-3試合連続出場です。どうでしたか?

『最高ですね!打線の中では、自分の仕事をしっかりできればと思っています。これからもっと勝っていきたいです。』

-HRのボールはどうなりますか?

『実家の暖炉の上に飾ることになるかなぁと思います(笑)。ボールは家族みんなのものですね(笑)。』

【おすすめコーナー2】

WBC効果もあって、本屋さんでも大谷翔平選手の関連本を今まで以上に、たくさん見るようになりましたね!以下でおすすめを2冊ほど挙げておきますね!

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、快勝の後、ネビン監督のコメントのご紹介です!

-トラウト選手と大谷翔平選手の連続ホームランについて

『良いよね。マイク(トラウト)はこのシリーズ、ボールを芯でしっかり捉えている。少なくとも6つか7つは、打球速度105マイル(168キロ)以上で飛ばしていたのに、ヒットは1本しか出ていなかったんだから。今日の結果が出て、彼にとってもとても良かったと思う。ショウヘイの打席も、ずっと良い感じだよね。この二人の調子が良い時は、エンゼルスもOKだと思ってるよ。』

-大谷翔平選手のHRについて

『飛距離がすごかったね。良いスイングだった。初球の変化球で、ショウヘイにはしっかり見えていたんだと思う。打撃陣みんな、好球必打で、打てるボールに対してしっかりスイングできているよね。それができていれば、たくさんの点が取れる才能のあるメンバーが揃っているから。』


(大谷翔平選手の第1号の映像はこちら↓)

(今日はBally Sportsの中継からネビン監督の会見の様子のアップがなかったので、MLB.comの記事よりコメント部分のみ参照です。英語の記事もぜひ、読んでみてくださいね〜!Rhett Bollinger記者『Trout-Ohtani: 881 feet of HRs on B2B pitches』)

明日の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、今日もありがとうございました!
明日から、シアトルでのマリナーズ戦のシリーズ初戦、エンゼルスの先発マウンドに上がるのは、若手左腕のリード・デトマーズ

昨シーズンはノーヒッター達成からマイナー落ちと、色んなことを経験してきましたね。今シーズンは更なる飛躍の年になるはずと、エンゼルスファンはみんな期待しているはず。良いスタートを切って欲しいです!

対するマリナーズは、ジョージ・カービィ投手。若手の右腕ですね。昨シーズンは25試合に先発して、8勝5敗、防御率は3.39。WHIPは1.21。エンゼルス戦には3度登板して、1度も3点以上取られていません。

カービィ投手との相性はあまり良くないですが、マリナーズの本拠地でめっぽう強いトラウトに、明日も期待しましょうか!マリナーズとは、ワイルドカード争いになる可能性も秘めているからこそ、まずは第1戦を勝ちたいですね!Go Halos!KK

タイトルとURLをコピーしました