4月4日 Angelsリポート 3!連!勝!

Angels リポート

今日もエンゼルスは大量得点!マリナーズ投手陣から7点を奪取して、7−3での快勝となりました!

先日ファンとの間でいざこざがあり、出場停止となってしまったレンドンを欠く中でのゲームでしたが、代わりにスタメンに入ったジェイク・ラムが2安打の活躍。大谷翔平選手とウォードに、それぞれ今シーズン第2号も飛び出し、さらには新加入のドゥルーリーにもタイムリーが。今年のロースターの、層の厚さを感じます。

先発のデトマーズは調子があまり良くありませんでしたが、なんとかリードを保った状態で、5回途中からは継投。テペラ→新加入のムーア→ハーゲット→キハダ→暫定クローザーのエステベス、と繋ぎました。なんと今日も、出てきたリリーフ陣全員が0に抑える素晴らしいピッチングでした。

今日の記事はそんなゲームから、まずは今日のベストプレー紹介。さらに、レンヒーフォのヒーローインタビュー翻訳/先発したデトマーズの試合後コメント翻訳/ネビン監督の試合後の会見翻訳と3つの翻訳紹介です!そして、最後には明日の先発投手と注目ポイントをお知らせします!最後までぜひご覧ください!

今日のベストプレー


今日のベストプレー、本日は王道に、大谷翔平選手の2試合連続の2ランホームランを選びたいと思います!

このホームランは、エンゼルスの放送局Bally sports Westだけでなく、MLBのリーグ公式アカウントにも取り上げられるほど、見事な1発でした。

推定飛距離は、131メートル。打った瞬間の打球速度は、なんと177キロで飛んでいったそうです!

現地放送局解説のグービーさんも『なんてスイングなんだ、ショウヘイ…!ワオ…彼は宇宙クラスだよ。。SUGOI。』と、感動されていました。(開幕してから、グービーさんの大谷翔平選手の褒め方が独特すぎて、もう毎日なんて言ってくれるのか楽しみになってきました(笑)。)

ちなみに、大谷選手の通訳の一平さんは、現地実況さんに『HRが出たら、イッタ!って言うんだよ』と教えてあげたそうで、そんな話もHRの後に出ていました。

大谷翔平選手のHRは、やはり、音が良いですね。彼が快心の当たりで捉えた時は、身体の芯にまで届くような音がしているように感じます。開幕して4試合で2本。今年は何本、見せてくれるんでしょうか。楽しみです!

レンヒーフォのヒーロインタビュー翻訳&活躍紹介

さて、今日のヒーローは2安打、2本のタイムリーヒットで2打点をあげた、ルイス・レンヒーフォでした!昨シーズンは上位打線を担ったレンヒーフォですが、今シーズンは下位からチームを支えてくれています。そんなレンヒーフォは、ヒーロインタビューで何を語ったのでしょうか。以下でご紹介します!

-打席でとても落ち着いているように見えますね

『とても良い調子だと思っています。いま一番大事なことは、チームが勝ったこと。打席では、ボールをしっかり見ることを心がけていて、それが成功につながっていると思います。』

-開幕戦から、四球を選ぶ姿がよく見られますね。しっかり忍耐強いように見えます。

『しっかり意識して、自分が打てるボールを待つようにしています。打てそうなら振って、そうでなければ待つ。シンプルです。』

-打線の活躍について

『すごく良いと思います。チームメイトみんな同じ目標を目指して頑張っています。ハードにプレーして、その上で楽しむことがゴールです!』

とのことでした。WBCでもベネズエラ代表で戦ったレンヒーフォ。きっと多くのことを学んできてくれたんだと思います。この先、外野を守ることもあるかもしれませんし、調子次第ではまた上位打線を担うかも。色んな役割でチームを支えてくれるレンヒーフォは、今日も笑顔でした!

【おすすめコーナー】

シーズンが始まり、街の本屋さんでも大谷翔平選手の関連本を今まで以上に、たくさん見るようになりました!MLB解説アナリストで著名な、AKI猪瀬さんの新書も近日中に発売になるようで、とても楽しみです!
WBC関連雑誌や、エンゼルスの番記者ジェフ・フレッチャーさんの「SHO-TIME」などは、発売後すぐに在庫切れになっていたこともあったので、早めにチェックしておくのが良いかもしれません!

ジェフ・フレッチャーさんの「SHO-TIME」はこちら↓
丁寧に書かれた良書で、おすすめです!

先発したデトマーズの試合後コメント&成績紹介

昨シーズンの活躍ぶりから、今シーズンは更なる飛躍が期待されるデトマーズ。今日の今シーズン初登板では、4回と3分の2を投げて、被安打4、3四球で3失点、勝利投手の権利目前での降板となってしまいました。以下、本人の試合後のコメントをご紹介します。


『調子は悪くなかったけれど、カウントを悪くしてしまった。それこそが今日の大きなテーマだったと思います。今日の試合は、全ての打席でなんとか戦っているように感じました。カウントを良くできれば、もっと楽に投げられるのに。でも、それを除けば、良かったと思います。直球をしっかり低めに投げられれば、もっと良い結果にもなったはず。』

とのことでした!初先発で、いかにも寒そうなシアトルでのナイターの登板。色々と大変だったことと思いますが、本人のコメントを見ていると、今日の登板もまた、彼にとって良い経験であったのではないかなと感じています。次回は、まず、6回までしっかり投げ切ってほしいですね!

(デトマーズの試合後コメントは、著書のご紹介も上で行った、ジェフ・フレッチャー記者の記事よりコメント部分のみ引用しました。英語版の記事もぜひ、読んでみてくださいね〜!JEFF FLETCHER記者『Production throughout Angels’ lineup creates cushion for bullpen in victory over Mariners』)

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、快勝の後、ネビン監督のコメントのご紹介です!(いつも試合後のネビン監督のコメントには、試合をそう見ているんだなぁとハッとさせられることが多く、とても勉強になります!)


-打線の厚みを感じるゲームでしたね

『そうだね。良い点の取り方ができたと思う。1番から9番まで、みんなが良い打席を重ねて、息抜きをさせない。今夜はそういう戦い方ができた。』

-レンヒーフォが四球をたくさん選んで、打席で忍耐強く頑張っています

『昨年彼が選んだ四球と同じ数くらいの四球をもう選んだんじゃない?(笑)。やっぱり、心構えが大事だと思う。打撃コーチたちと頑張って練習していて、左打席でボールが以前よりよく見えているようになっているね。今の彼の左打席での頑張りはすごく良いよ。試合直前までスタメンではなかった予定だったんだけど、結果的にうまくいったね。』

-ブルペン陣の活躍について

『テペラが大きなアウトを5回に取ってくれた。ムーアにハーゲット、とても良いボールを投げていたし、投げた全員がよく頑張ってくれたよ。キハダも良かったし、エステベスもね。セーブにならなかったけど、4点差だから、彼に任せないと、と思った。2連投だったのに、クオリティの高いボールをきっちりと投げ込んでくれた。』

【おすすめコーナー2】

ここ数日、とにかく暑いです…!もはや夏。早めに半袖の用意をしておかないと熱中症になりそうで、KKは昨日クローゼットの整理を軽く行いました。試合観戦中は、テレビ観戦でもエンゼルス関係のシャツを着るのが個人的な観戦スタイル。
着るだけでテンションが上がって、より一層集中できる気がしています!

また、KKがサムネでいつも着ている大谷翔平選手のパーカー、半袖バージョンはこちら。日本で販売されているので、輸入品よりは手に取りやすい価格でおすすめです↓

明日の先発ピッチャー&おわりに

今日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!
明日の、対マリナーズ第2戦、エンゼルスの先発マウンドに上がるのは、今シーズン初先発となるホセ・スアレス!

大谷選手と仲良く遊んでいる(?)姿がいつも取り上げられていますが、投げても活躍を見せてくれるのが我らがスアちゃん。先発5番手で、長いイニングを投げてくれると、今日たくさんの投手を使ったブルペンも休めるので、なんとかロングイニングを投げ切る好投を期待したいです。

対するマリナーズは、ルイス・カスティーヨ投手。マリナーズのエースです…。開幕戦では、6回を投げて、被安打たったの1の好投。昨シーズンの成績を振り返ると、防御率2.99にWHIPが1.08。本当に素晴らしい投手です。

連勝を飾るためには、やはり今日の試合のように中軸から1発が欲しいところですね。ウォード・トラウト・オオタニの123が、素晴らしい調子なので、明日は我らが強打者たちと、カスティーヨ投手の、MLBトップクラスの対戦を楽しみましょう!KK

タイトルとURLをコピーしました