4月2日 Angelsリポート 初勝利!!

Angels リポート

悔しい開幕戦から心機一転、エンゼルスは今日、シーズン初勝利となりました!

先発のサンドバルが5回1失点でしっかりと試合を作り、打線が3回になんと11得点の爆発!6回と7回にも大谷翔平選手とウォードのタイムリーで追加点をあげ、ロングリリーフになったデビットソンが4イニング投げ切ってのセーブ。13-1と快勝です!

本日の記事はそんなゲームから、今日のベストプレー紹介に加え、3安打4打点、1HRのウォードのヒーローインタビュー翻訳/初スタメンのジェイク・ラムのインタビュー翻訳/ネビン監督の試合後の会見翻訳の3つの翻訳紹介です!そして、最後には明日の先発投手をお知らせします!

今日のベストプレー


さて、本日のベストプレーはやはり、誰もが待ち望んだ対戦での、大谷翔平選手のタイムリーヒットを選びたいと思います!

そう、開幕して2試合で早速実現した、藤浪晋太郎投手vs大谷翔平選手。第1打席は痛烈な打球を放つもファーストゴロだった大谷翔平選手ですが、第2打席で見せてくれました!

この打席でのバッティングには、現地放送局の解説グービーさんも大興奮で、『ロケットみたいに飛んでいったで!』とコメント(笑)。

逆方向に、HRギリギリまで飛ばす大谷翔平選手は、同僚のジェイク・ラム選手から見てもすごかったようで、試合後のインタビューではこのように語っておられました。

ラム選手『自分があんなスイングしても、外野まで届かないくらいしか飛ばないよ。どれくらい強い打球だったのか分からないけど…ショウヘイには感動させられる事ばかりだ。チームメイトになれて嬉しいよ。』

ピッチクロックの導入で、打者としても調整しないといけないはずですが、大谷翔平選手には心配する必要が一切無さそうです。本当にすごいとしか言えませんね。早く、今シーズン第一号も見たいです!

ウォードのヒーロインタビュー翻訳紹介

さて、今シーズン、チームの初ホームランを放って3安打4打点、ウォードのヒーローインタビューの翻訳をご紹介します!

-シーズンの初HRもあり、大きな勝利になりましたね?

『序盤から打って、そのままの勢いで行く。まさにこう言う風に勝ちたかったです。サンドバルもデビットソンも頑張っていたし、明日に向けても良い流れになったと思います!』

-スプリングトレーニングから、打席でのスイングにタイミング、とても良い調子のように思います。特に今はそう思われますか?

『はい!打てるボールをしっかりスイングして、タイミングも合わせる。毎日上手くなっていけたらと思っていますし、それができていれば自分にとってベストです。複雑に考えすぎず、シンプルに。』

-下位打線にも力があるのが今年のエンゼルスですね。特にアーシェラはこの2試合、しっかり塁に出てくれていますが、彼の加入は打線にどんな意味がありますか?

『打線の後ろの方で、しっかりチームを助けてくれると思います。彼が良いスタートを切れて良かったですし、守備でも彼の後ろを守るのは楽しいです。アーシェラに加えて、ドゥルーリー。来てくれて嬉しいですし、良い勢いを繋げていきたいです!』


とのことでした。先頭打者として、切込隊長のウォード。今シーズンは怪我なく活躍を続けて欲しいですね!

【おすすめコーナー】

WBC関連本・雑誌がたくさん出ていますね!紙で手元にあると、あの瞬間をそのまま手元に保管できるような気持ちになって、嬉しくなります。まだ手にとっていない方はぜひ〜!

ジェイク・ラムの試合後インタビュー翻訳紹介

スプリングトレーニングで結果を残し、開幕ロースターに入ったラム選手。すでにご紹介した大谷翔平選手のバッティングに関するコメント以外には、どのようなことを語ったのでしょうか?以下でご紹介します!

-3回の攻撃について

『大量得点で、素晴らしいイニングだったね!藤浪投手は立ち上がりがとても良くて、直球もスプリットもしっかり決まっていた。93マイルや94マイルのスプリッターはなかなか打てないからね。でも、2巡目では、みんなが良い打席にできたと思うよ。塁に出て、勢いを止めなかった。』

-3回に藤浪投手と対戦したときは、どういう風に考えていましたか?

『1打席目では、エグいスプリットでやられたけど、あの打席では塁も埋まっていたから、高めをセンター返しでいければ、と考えていたよ。』

-シーズン初ヒットに2打点です。エンゼルスのユニフォームを着てプレーする気分はどうですか?

『すごく良い気分だよ!クラブハウスも楽しいし、良いスタッフの皆さんがいて、ここにいられて嬉しい。初勝利もナイスだね!』

-大谷翔平選手の藤浪投手からのタイムリーについては?

『自分があんなスイングしても、外野まで届かないくらいしか飛ばないよ。どれくらい強い打球だったのか分からないけど…ショウヘイには感動させられる事ばかりだ。チームメイトになれて嬉しいよ。』

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、快勝の後、ネビン監督のコメントです!(今日はたくさん語ってくださったのでボリュームたくさんですが、監督がこのように試合やエンゼルスを見ているんだなぁと勉強になりました〜!)

-開幕戦後に、打線に心配はしていないとおっしゃっていました。今日は良かったですね。

『そうだね。やっぱり打線については心配してないよ。開幕戦のビデオを見ても、捉えた当たりはあったし、違う展開になっていた可能性もあるからね。開幕戦は、なかなか、普段のゲーム展開と同じという風にもならないし。今日のような展開が見れて良かったし、ピッチャーも頑張って、守備もとても良かった。』

-レンヒーフォが3回に先頭で四球を選んだことで、流れが変わりましたかね?

『そうだね、、、フジナミのオープン戦でのテープを見る限り、変化球はあまりストライクになっていなかった。今日の最初の2イニングでは決まっていて、彼のポテンシャルを感じたけれど、そう言う風に制球が荒れる可能性があるということは分かっていたから、攻撃陣は辛抱強くいないといけないと思っていた。立てた作戦をしっかり守ってね。レンヒーフォのあの打席は、まさにそう言う指示通りの打席だったと思う。とても良い四球で、その後、良い流れで繋がった。四球は2つだけだったと思うから、みんな良いスイングもできていたよね。』

(注:その回、藤浪投手が出した四球は、正しくは3つです。)

-アーシェラの守備についてはどう思いましたか?

『自分がコーチだった頃に指導していた時から、変わっていないよ。素晴らしい。グローブにボールが吸い込まれていくよね。ショートとしては、守備範囲がとても広いわけではないけど、グローブに入ればアウトになると信じられる。どこを守らせても、MLBの中でもトップクラスの選手だと思うし、すごいよ。』

-アーシェラが下位にいることで、良い効果もありますね?

『そうだね。しっかりバットに当ててインプレーにしてくれる。まさにMLB選手の打撃を、相手が右でも左でも見せてくれるんだよね。さらに、ヤンキース時代から、相手がエース級の投手でも、しっかりとした打撃をしてくれる。来てくれて良かったよ。』

-サンドバルについては?

『サンディは良かったね。3回にあれだけリードして、直後の守備では先頭を歩かせてしまったけど、しっかり立て直してくれた。チェンジアップが高めに浮いて、ロリアーノに打たれてしまった1球はもったいなかったかな。あの四球に、いくつか深いカウントに入った対戦、そうしたのが無ければ球数がセーブできたことはサンディも分かっていると思う。6回までいけなくて、サンディも悔しがっているはずだとも思うけど、全体的に良いボールを投げていたし、その後を受けたデビットソンも良かった。』

【おすすめコーナー2】

サムネイルやインスタの投稿で着ている大谷翔平選手のパーカーは日本でも買えますか?と質問がありましたが、買えます!普通に日本で買える製品なので、輸入品よりも大幅に安いです。さらに、裏起毛ではないのが逆に良くて、温度に合わせて腕を捲ったりして調整し、この春ずっと着ています。おすすめです〜!

Sサイズはこちら↓

明日の先発ピッチャー&おわりに

ここまで読んでくださった皆さん、今日もありがとうございました!
そして、明日、エンゼルスの先発マウンドに上がるのは、FAで獲得した期待のベテラン、タイラー・アンダーソン投手です!

大谷翔平選手のノーヒッター撃破で覚えておられる方も多いと思うので、ナイスピッチングを見せて、ナイスピッチングの姿で覚えさせてもらいたいですね!

対するアスレチックスは、ケン・ウォルディチャック投手。若手の左腕です。スプリングトレーニングの成績は0勝4敗、防御率も10.54。WHIPも、2.27でした。

なかなか今日のように大量得点を連日で、とはいかないとは思いますが、今日のように先制点を取って、アンダーソンに良いリズムで投げてもらう展開にしたいですね!明日も勝って、開幕シリーズを勝ち越しで終えましょう!KK

タイトルとURLをコピーしました