4月6日 Angelsリポート 女房役は優等生!

Angels リポート

今日は、なんと言っても大谷翔平選手の登板日!かつ、マリナーズとのシリーズ勝ち越しをかけた1戦となりました。

結果は、4-3とエンゼルスの勝利!大谷選手は序盤コントロールが定まらず、先制点を許してしまったものの、その後は立ち直って、6回1失点の好投。女房役・オホッピにまたHRが飛び出し、さらにトラウタニの連続タイムリーで追加点をあげて、1点差の試合をものにしました

今日の記事は、今日のベストプレー紹介に加えて、オホッピのヒーローインタビュー&試合後コメント翻訳紹介/ネビン監督の試合後の会見翻訳紹介と2つの翻訳紹介です!そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします!最後までぜひご覧ください〜!

今日のベストプレー


今日のベストプレー、今日は、日本中のメディアで大谷翔平選手の投球シーン&タイムリーのシーンがきっと流れると思うので、KKはあえて、キハダvsタイ・フランスの勝負を選びたいと思います!

昨日ブルペン陣を使わなかったことで、今日はエステベスが9回に行くと思っていたら、どうやら今日は彼が使えなかったそうです。(詳細はネビン監督の試合後コメントのコーナーで触れていますので、最後までぜひ〜)

そんな中、9回のマウンドに上がったのは、我らが燃える男・キハダ。WBCではボタンを破壊してガッツポーズを決める、ピチピチっぷりを見せていましたが、今日もそんなキハダのままでした!

1人ランナーを出すものの、2アウトを取って迎えた、強打者タイ・フランスとの対戦。勝負は全てストレート。最後は高めで空振りの三振を奪って、ブルペンに向けて全力でソードポーズ。(個人的には握った寿司叩きつけポーズに見えたのですが、皆さんのご意見は如何でしょうか?キハダという名前に引っ張られすぎ?笑)

ちなみに、現地放送局解説のグービーさんも、『キハダ!エネルギー抜群!スパイシー!』と大興奮でしたよ!(キハダのあだ名はスパイシー。)これからも、クローザーとしてマウンドに上がる機会もあると思いますので、スパイシーさたっぷりのキハダに頼っていきたいです!

【おすすめコーナー】

ここ数日暑い日が続いたと思ったら、急に今日から、日本の各地で雨が続くそうです。KKは先ほど実家に送る郵便物を少し濡らしてしまいました…。何か対策をと考えていたら、大谷翔平選手が今年から契約しておられるニューバランスから撥水のリュックが出ていたので、シェアしておきますね!
別の色もあるみたいなので、ぜひ商品ページで確認してみてください!

防水のシューズもありました〜。大谷選手のスパイクと同じロゴの靴を履いてたら、テンションも上がりそうですね!

オホッピのヒーロインタビュー翻訳&成績紹介

もし彼が開幕をマイナーで迎えていた場合、チームはどうなっていたのかと思うほどに、良い成績を残し続けているオホッピ。今日も素晴らしい活躍でした。まずはヒーローインタビューで何を語ったのか、ご紹介します。

-キハダがよく締めてくれましたね!

『そうですね、すごかったと思います。初球のストレートが来た瞬間に、今日はキテるなと感じました。彼の長所が出ていたし、チームにとっても良い結果になりましたね。』

-HRについて、何を狙っていましたか?

『好球必打で、打てる球を待っていました。先日も言ったように、下位打線を打つ中で自分の仕事をしっかりしたいと思っています。上位打線が強力なので、自分が気負いすぎず、助けられていますね。良いボールが来て、良いスイングができたと思います。』

-大谷翔平選手、序盤はなかなか調子が出ませんでしたが、最後はいつものショウヘイに見えました。よく立て直しましたね?

『そうですね。しっかり集中して、コントロールが良くなる方法を探って、制球の調子を戻しました。ベストの日じゃなくても、こう言う風に投げ切ったのがすごいし、誇りに思います。』


-次はとうとう、エンゼルスのホーム開幕戦です!楽しみですか?

『イェア!待ちきれないです。LTBU!(エンゼルス勝利の合言葉!)』


とのことでした!今日はヒットは1本だけでしたが、その1本が、何より大事な逆転のHR。なんとこの1本で、HRの数は大谷翔平選手とウォードに並んで、チームトップタイ打点に至っては、8打点でチームトップです!!!

打てるキャッチャー。。なんて素晴らしい響きなんでしょうか(感涙)。

また、JEFF FLETCHER記者の記事によると、オホッピは試合後の会見でこうも語っていたそうです。

『ショウヘイは長い間MLBで活躍していて、何を誰よりもうまくできるのか、彼自身が理解しておられますよね。そうした彼の力に頼っているし、今日もしっかり修正してくれました。とてもすごかったと思います。』

コメントが全て優等生で、それもまたオホッピの素敵なところですね。これからも、止まらないで、活躍を続けてほしいです!

(上記コメントは、以下の記事よりコメント部分のみ引用して翻訳しています。英語版の記事もぜひ、読んでみてくださいね〜!JEFF FLETCHER記者『Shohei Ohtani shakes off rough start in Angels’ victory over Mariners』Orange County Register)

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。昨日の大敗の後は、「明日勝って良い形で遠征を終えるんだ」と力強く話している姿が印象的でしたが、今日の勝利の後は、どんなことを語ったのでしょうか?以下ぜひ目を通してみてください。

-クローザー起用について

『エステベスは今日は最初から使わない予定だった。連投で、結構な球数を投げていたし、シーズン序盤のこの段階では無理させたくないからね。前にも取材に答えた際に、9回はマッチアップ次第で決めると言っていたけど、今日はキハダがクローザーとして行くのにベストだと思った。』

-そのキハダはどう見えましたか?

『あれこそキハダだね(笑)。イキイキしていて、あの姿が好きだよ。気持ちが入っていたし、97マイル(156キロ)くらいまで出ていた。9回であれ、6回の大事な場面であれ、同じマインドで行かなきゃいけないということは彼も理解しているし、今日の働きは本当に素晴らしかったよ。』

-大谷翔平選手の投球についてはどうでしたか?

『マリナーズは、辛抱強くて、とても良い打線。ボール球はあまり振ってくれないからね。色んな攻め方がある中で、今日のショウヘイはいつものような制球力がなくて。ショウヘイ本人もそう考えていると思う。でも、そのようなベストではない状態で、相手が良い打線でも、こう言う結果を出してくれるんだから、素晴らしいよね。』

-その大谷翔平選手とトラウトの、連続安打で追加点が7回に取れました。ただ、2人ともいつものような良い当たりでは無かったですね?

『これこそベースボールだね。クレイジー。似たような打球が続いた。良いチーム相手に、良いシリーズになったし、ムニョスのような良い投手相手に2点取れたのはとても大きかった。インプレーにすることはやっぱり大事だと思う。こういう良いことが起こることもあるんだからね。』

【おすすめコーナー2】

KKはネビン監督の継投について、シーズンが始まってからよく考えています。個人的に、ブルペンのマネジメントと言えばこの方、岡田彰布監督。NPBでは阪神が連勝中ですが、やはりさすがの手腕ですね。
MLBでもNPBでも、どこのファンでも、岡田監督の野球理論を学んでおくことは、これからの試合観戦をより面白くしてくれること間違いなしです!

特にオススメなのが上のこの本↑。商品ページのレビューを読むだけで面白いので、お試しにぜひ!
また、監督論といえば、こちらも必読です。ページを捲る手が止まりませんでした。↓

次戦の先発ピッチャー&おわりに

今日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明後日からはとうとう、エンゼルスタジアムでの本拠地でのシリーズが始まります!エンゼルスの先発は、お馴染み、パトリック・サンドバル!WBCのおかげで、もはや説明の必要もなくなってきた感じがあります。今シーズン初登板となった前回の試合では、5イニングでの降板となってしまったので、今度は6回以上投げ切っての好投を期待したいですね。

対するブルージェイズは、クリス・バシット投手。昨シーズンまでアスレチックスで長く現役を続けてきた投手なので、エンゼルスの選手たちはもちろん、我々ファンにも馴染みの深い選手だと思います。

前回登板では、カーディナルス相手に4回途中9失点ボコボコに打ち込まれてしまったようなので、エンゼルスとしても調子が出てくる前に叩いておきたいです。

また、ブルージェイズ戦ということは、大谷翔平選手とゲレーロjrとのやり取りも楽しみですね〜!個人的には、長年サンフランシスコでプレーしていた、ブランドン・ベルト選手がブルージェイズのユニフォームでどう映るのかも楽しみにしています。自分もオホッピのように、明後日が待ちきれません!KK

タイトルとURLをコピーしました