4月19日 Angelsリポート 大谷選手2ラン、ブルペンも快投で快勝!

Angels リポート

大谷翔平選手が、試合開始直後に先制の2ランHR!その後も、4番レンドンによる中押し点などで、効果的に追加点をあげたエンゼルスが、ヤンキース相手に5-2で勝利を収めました!

先発スアレスが今日も捕まってしまったものの、4回途中から継投に出て、ワンツ→ハーゲット→バリア→キハダと繋いだ継投策は、今日もドンピシャ!昨日に引き続いて、ブルペン陣がリードを守り切ってくれました。

そんな試合から、本日の記事では、今日は王道(?)の「今日のベストプレー紹介」に加えて、レンドンのヒーローインタビュー翻訳紹介/監督会見コメントの翻訳紹介。そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします!本日も最後までぜひ、ご覧ください!

今日のべストプレー

今日のベストプレー、本日は王道選出で行きましょう!!大谷翔平選手の先制2ランです!!

ゲーム開始直後の1発。久々に見るヤンキースタジアムの美しさに見惚れる時間も与えないくらい衝撃のHRが、早速出ました。

捉えた瞬間にHRだとわかる打球音。この音こそが、大谷翔平選手のパワーを最も表してくれるのではないかと思います。

現地の放送局、Bally Sports Westでも、実況席はこのHRに大盛り上がり。

解説グービーさん『カッターをクラッシュしました!右中間の深いところに、1瞬で届いた。ワオ…ショウヘイ…!アンビリーバブル……ワオ!』

と、ワオを2回言ってしまうくらいに感嘆の声をあげておられました(笑)。
その後も、

グービーさん『ウォードのリアクションを見てよ!「ワオ!打球を見ながら動く間もなかったよ!」ってショウヘイに言ってるみたいだね!』

と、とにかく褒めておられましたよ!ちなみにこのHR、飛距離は推定119メートルで、打球の初速はなんと約187キロ出ていたそうです!(驚)

昨日、雨の中のあれだけタフな環境で投げていた方が、翌日にはこんなHRを打つんだから、すごいとしか言いようがないですね。もしかしたら、あのベーブ・ルースさんも、ヤンキースタジアムを雲の上から覗いて、驚いておられたことではないでしょうか…。

明日も、大谷翔平選手vsジャッジの、最強2番打者対決が待ちきれないですね!

【おすすめコーナー】

KKのAmazonのおすすめ欄が、最近大谷翔平選手関連の商品とニューバランス製品で埋め尽くされるようになってきました(笑)。今日はその中でも、日本で着用されている方を見たことがない特徴的なウェアを1つシェアしておきますね!

「Show off」で「才能を見せつける」という意味になったりするので、言葉をかけていて、なんだかオシャレです。

レンドンのヒーロインタビュー翻訳&成績紹介

今日も、逆方向へのタイムリーヒットに加えて、着実にランナーを還す犠牲フライ。判断力と、状況の理解力、実行力、その全てが素晴らしいレンドンが、今日はヒーローインタビューに選ばれました!
まずは本日のヒーロインタビューの様子を、以下で引用してご紹介します。

-ブルペン陣が素晴らしかったですね!

『そうだね。チームメイトを助け合いたいと、みんなが思っている。MLBはワンマンショーじゃないんだ。守備だけでも打撃だけでも、先発だけでもない。今日はブルペンが頑張ってくれたね!』

-レンドンご本人のアグレッシブな走塁もありましたね?(笑)

『(笑)。3塁コーチは、俺が何歳か忘れてたんじゃない?(笑)。レフトのコーナーで、ボールがどうなるかと思って確認しながら走ってたんだけど、コーチを見たら行けって言うからさ!行ったんだよ。』

-後ろを打つレンフローの活躍も素晴らしいですね!

『あいつこそ男だね。良いスイングをして、しっかりと芯で捉えてくれる。見ていて楽しいよ!』

とのことでした!ジョークが面白くて、いつでも率直に質問に答えてくれるレンドンのインタビューは、見ていて笑顔になれるし、元気がもらえます。

今日の成績としては、3打数の1安打、2打点で、シーズントータルで見ると打率.290、9打点です。レギュラー陣と比べると、ほとんど半分以下の打席数(31打席)で、HRも出ていないのに、現在チーム4位の打点数に位置。本当に素晴らしい、お手本のようなシチュエーショナル・ヒッティングをいつも見せてくれます。

開幕してから、色々とあったレンドンですが、やはり打線にいるといないで、大きな違いがありますよね。死球を受けて痛めている肩が、もっと治ってくれば、いずれ長打も出るようになると思います。独特で、人間らしい一面を見せてくれることの多い性格もチャーミングなレンドン。今シーズンが、彼にとって復活のシーズンとなることを祈るばかりです!

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。今日はもう、これ以上ないくらいに采配が決まっていました。どうやら使える投手も少ない中だったようですが、結果的に4回途中から後を受けたブルペン陣が全員自責点0でした。
今日はどんな風に試合を振り返られたのか、以下、本日もぜひ会見の様子に目を通してみてください。

-ブルペン陣の働きが素晴らしかったですね!

『そうだね。今日使える投手陣たちが、みんな良いボールを投げて頑張ってくれた。今日の試合ではたくさんのキーになった瞬間があったが、自分の中では、ネトが初回に決めてくれた守備が特に印象に残っている。彼の力は分かっているが、ルーキーなのに、とても大きなプレーだった。』

-ワンツはピッチコムに問題が?

『歓声で聞こえなかったのか、機械に何かあったのかは分からないんだけど、とても良いボールを投げていたよね。というかブルペン陣全員が良かった。』

-ベースランニングも大きかったですね。3塁コーチの働きはどうですか?

『トラウトとショウヘイは誰よりも速いから、判断も簡単じゃない?(笑)。でも、真面目に、とても良い仕事をしてくれていると思う。しばらく3塁コーチをしていなかったんだけど、またやることになって、よく頑張ってくれている。』

-スアレスについて

『苦しんでいるよね。もっと良い投球をしないといけないし、それはもはや、誰もが分かっている。序盤は4点のリードがあって、その後も2点のリードがあったんだ。攻めて行かないと。彼が持っているのは、逃げて打ち取ろうとするしかないようなボールじゃない。何番打者かなんて些細なこと。とにかくもっとストライクを投げなきゃいけないし、彼も分かっている。次は、ベターになるよ。』

-スアレスにはベンチで何て言ったんですか?

『色々だよ(笑)。』

-先制点を取って試合をスタートできるのは大きいですね?

『上位打線はとても調子が良いからね。先発投手に初めからプレッシャーをかけられているし、コーチ陣が立てるゲームプランも素晴らしい。選手たちもそれを実行できている。試合前の練習も試合の中で活きているし、追加点が取れているのも大きいね。今日も4回には残塁があったりしたが、全体的に見てベターになっているし、最初からプレッシャーをかけられているのは良いね。』

【おすすめコーナー2】

今日からヤンキース戦ですね!ヤンキースといえば、やはり昨年のMVP争いで盛り上げてくれた、アーロン・ジャッジ。こちらの本↓は翻訳本で、しっかり翻訳されていて、ヤンキースのスーパースターを学ぶのには必須です!商品ページより試し読みできます

また、ヤンキースのスターと言えば、当然ベーブ・ルース。こちらはMLB解説者のAKI猪瀬さんの新書で、大谷翔平選手とベーブ・ルースを取り上げた1冊。最近出たばかりです。こちらも試し読みできますので、ぜひ〜!

明日の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、グリフィン・キャニング投手です!故障から、長い期間をかけて帰ってきた前回登板では、5回を投げて2失点。しっかりとゲームメイクをしてくれました。とは言え、前回の相手は再建中のナショナルズ。今日の試合を見ていてもわかるように、ヤンキース打線の中軸はかなりの強打者揃いです。それでもなお、この前と同じような投球ができるかどうかに注目したいですね。

スアレスが残念ながら3試合連続で厳しい結果となってしまったので、明日のキャニングの結果次第では、先発ローテの順番の入れ替えもあり得るかもしれません。今日もたくさんブルペンを使ってしまったので、キャニングには、なんとか6回投げて欲しいところ。明日は彼にとって、色々な意味で期待の高い登板になりそうです。

対するヤンキースは、ジョニー・ブリトー投手です!(なんか美味しそうなお名前だな、と思った皆さんは、心の優しい皆さんだと思います。多分KKと仲良くなれます。)

冗談はさておき、ブリトー投手は、なんと今シーズンデビューしたばかり。開幕してから、5回無失点、5回1失点と好投を続けたものの、前回登板のツインズ戦ではなんと1イニングもたずに7失点で降板しています。ブリトー投手としては、挽回を図りたいところ。一方のエンゼルスとしては、今日のシュミット投手のように、しっかりと初回から捉えて、リズムを作らせないことが大事だと思います。

先発投手のマッチアップは今日に引き続き、次戦も互角な感じがあります。明日も名門ヤンキース相手に勝利して、3連勝といきましょうか!KK

タイトルとURLをコピーしました