5月16日 Angelsリポート 大谷選手が今季5勝目!17安打と打線爆発!

Angels リポート

大谷翔平選手が、大谷翔平選手にしかできない事をまたやってくれた、新たな試合でしたね!9-5でエンゼルスは快勝し、また大谷選手が連敗を止めてくれた試合でもありました!

大谷選手は5打数4安打、1HR3打点。且つ、投手として7回を投げ切って、今シーズン5勝目です!大谷選手の後を受けたデベンスキーも、ピンチを背負いながら何とか踏ん張りましたし、9回のムーアは今日も完璧。9点取った打者陣は言うまでもないですが、ブルペンもきっちり仕事をしてくれましたね!

本日の記事では、そんな気持ち良い勝利の試合から、初めての試み、相手オリオールズサイドの試合後の特集と、ウォラック・ネビン監督の特集(成績紹介&試合後会見翻訳紹介)です!本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

オリオールズサイド特集(試合後会見翻訳紹介)

さて、今日は少し趣向を変えて、オリオールズのブランドン・ハイド監督による試合後コメントから取り上げたいと思います!(コメントは以下の動画より引用しました。)

-大谷翔平選手の活躍について、どうでしたか?

『…彼は、地球上でベストの選手の1人だからね…。自分にとっては、HR数本で彼から5点取ったので、攻撃としては最高に近い形だったと思う。ヒット自体は少なかったけど、3本もフェンスを越えさせたんだから。ただ、オオタニが、ウチの投手陣よりも良く投げたということ。』

-先発ロドリゲスを替えた際には、ホームの観客からもブーイングがありました。どうお考えですか?

『みんな、若い選手に対してもっと辛抱強くならないとね。とっても良いクラブで、2人のスーパースターと、しっかりしたMLBプレイヤーたちがいるチームが、相手なんだから。毎晩がスーパーボウルのようにはならないよ。ロドリゲスはまた投げる。』

-お孫さんができたら、大谷翔平について、どう伝えますか?

『そうだね…。良い選手だということかな。とても特別な才能があって、投打であれほどの選手を、もうおそらく見ないだろうと言う事かな。』

と語っておられました!オリオールズサイドからすると、敗戦の後で悔しいだろうに、エンゼルス/大谷翔平選手を褒める爽やかな形で会見が行われたのが、KKとしては、とても興味深かったです。

大谷選手を褒めるのは、最早、当然のことでもあるのですが、他のチームの監督から「とっても良いクラブで、2人のスーパースターと、しっかりしたMLBプレイヤーたちがいるチームが、相手なんだから。」とエンゼルスが誉められるのを見るのは初めてで、さすがに嬉しくて、笑みが溢れてしまいました。昨シーズンから考えると、あのエンゼルスがそのように取り上げていただけるようになるなんて。

オリオールズも、再建に成功した素晴らしいクラブだと存じますので、これからお互いプレーオフに向けて頑張っていきたいなぁと感じました!

おすすめコーナー

昨日KKが本屋さんを覗いてみたところ、こちらの2冊とも、たくさん並べられていて、本屋さんまで大谷翔平選手特集のようになっていました!

2冊とも必見の内容でしたので、もしまだご覧になられておられない方は、ぜひ〜!↓

週刊ベースボールは、Amazonの商品ページからの試し読みで、大谷翔平選手の記事は全部読めましたよ!

エンゼルスサイド特集(成績&試合後コメント翻訳紹介)

さて、いつも通り、エンゼルス側のチェックに参りましょう!まずは、久しぶりに大谷翔平選手の捕手を務めて、さらには大きなHRまで打ってくれた、ウォラックの試合後のコメントをご紹介します。

ウォラック

-大谷翔平選手について

『調子を取り戻して、しっかりとショウヘイ本来の力を見せてくれた。最後の2イニングは、彼のベストのボールが来ていたよ。HRを打たれることがあってもしっかり立て直して、良い状態に戻せるんだと見せてくれたね。』

とのことでした!大谷選手だけでなく、昨日のエステベスなど、やはり、ウォラック/サイスでないと厳しそうな雰囲気があっただけに、かなり最速に近い形での復帰を果たしてくれて、本当に良かったです!

ウォラックは今日、なんと5打数3安打で猛打賞。これで打率は.314、OPS.933に。まだ35打席なのですが、先日も書いたように、もしこのままの成績であれば確実にオールスター捕手です。

多少は成績は落ちていくと思いますが、落としすぎなければ、来年のメジャー契約は確実視されそうですよね。本人のキャリアにとって、とても大きいと思うので、明日からもこの調子で頑張って欲しいです!

そして最後に、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。今日は会見の様子の放送が無かったので、Jeff Fletcher記者の記事よりコメント部分のみ引用しています。

-大谷翔平選手について

『ショウヘイのスイングには、少し”自分への怒り”みたいな気持ちが入っていたかもしれないね。今日はとにかく素晴らしい活躍だった。』

-HRによる投球への影響について

『全力でベースを走らなくて良いのは、投球面にとっては助けになる。塁上にしばらくいることで、疲れてしまう時はあるからね。何にせよ、素晴らしかった。5失点だったのは分かっているけど、ダメージは最小限だったよ。打たれたヒット自体は少なかったし、ランナーも溜まっていなかったから。確かに5点は大きいが、こちらの攻撃陣も点を取りつづけられたしね。』

とのことでした!また、試合後にはネビン監督から、今日は大谷翔平選手が首に張りを感じておられたことも明らかにされておられました。そうしたことを考慮すると、明日はオフにした方が良いような気もしてきますが、レンドンも不在ですしね…。どうなるでしょうか。その辺りは明日また、注目していきたいですね!

(ウォラック/ネビン監督の試合後コメントは、Jeff Fletcher記者の記事と、Ian Quillen記者の記事よりコメント部分のみ、引用しました。英語版の記事もぜひ、読んでみてくださいね!・Jeff Fletcher記者『Shohei Ohtani flirts with a cycle while pitching in Angels’ victory』Orange County Register・Ian Quillen記者『Ohtani puts together another incredible night only he can pull off』MLB.com)

タイトルとURLをコピーしました