5月20日 Angelsリポート ミッキーが大活躍!ネビン監督は”あの人”も賞賛!

Angels リポート

先発デトマーズが、6回途中までノーヒッター、さらにキャリアハイに並ぶ12奪三振の快投!その後、リリーフ陣が打ち込まれ、一時的に逆転を許してしまいましたが、今年のエンゼルスは諦めません!

5-4!7回の裏にモニアックとレンフローの1打で逆転し、今日もムーアとエステベスがしっかり閉めてゲームセット。久しぶりのホームゲームの初戦を、快勝で飾ることができました!

本日の記事では、そんな気分の良い勝利の試合から、ヒーローインタビュー翻訳紹介も含めたモニアックの特集と、ネビン監督の特集(試合後会見翻訳紹介)。そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします。本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

ミッキー・モニアック特集(ヒーローインタビュー翻訳&成績紹介)

トラウトがしばらく不調だと言われながらも打率.280、OPSも.894を記録してくれている一方で、ウォードは打率.232、OPS.636という成績。特にここ7試合では、OPS.436で、かなり深刻な状態です。しかも今日はトラウトがオフ日で、打線に不在でした。

そんな中で、溌剌としたプレーでファンを魅了して、チームを救ってくれたのが、先日MLBに昇格してきたミッキー・モニアック!まずは彼本人が試合後にどんなことを語ったのか、ヒーローインタビューの様子を以下でご紹介します!

(インタビューの内容はこちらのツイートより引用しています)

-ミッキーにとっては今シーズン初のホームゲーム。ご家族にお友達もたくさんお越しの中で、あとHRがあればサイクルヒットでしたが、あと1打席欲しかったですか?

『本当に正直、全く考えていませんでした。とにかく自分のできることをして、勝とう、と集中していました。2試合連続で大きな逆転劇、楽しいですし、特別です!』

-HRがあればサイクルだっただけじゃなく、相手のHRもキャッチしましたね!

『最高でした!タイミングよくジャンプできたし、あぁ言うプレーも練習して来ていました。トラウトがああしたプレーを決めるのを見ていたし、ある意味で手本になっていました。とてもクールだし、楽しかったです!』

-デトマーズの好投について

『デトマーズは素晴らしかったです。他の投手陣も。試合終盤をしっかり閉めてくれたし、それこそがチームとして彼らに望むことですから。チームで戦っていますし、今日は間違いなく、チームでの勝利でした!』

とのことでした!キリッとした彼の打席での立ち姿に加え、HRキャッチを見せた際の落ち着きにも、見入ってしまったという方は多かったのではないでしょうか?

モニアックは、MLBに昇格して来てから6試合に出場して、打率.474、19打数の9安打、2HR(なんと先頭打者HR2本)。盗塁も2つ決めて、OPSはなんと1.447という恐ろしい数字を残してくれています!

大谷翔平選手と言う大スターを除くと、打線の中で、左打ちの選手が少なめの今年のエンゼルス。ロースターの都合上、代打で勝負強い働きを見せてくれていたジェイク・ラムもマイナーに下げるしか無くなってしまったので、そうした状況を踏まえても、このモニアックの活躍は大きいですね!

チームは当初、ウォルシュが復帰すればモニアックをまたマイナーに戻すつもりだったと思いますが、この活躍では当然下げられないはず。ちなみに、ウォードにはまだマイナー降格オプションが残っていて、フィリップスにはありません。(=フィリップスの場合、マイナーに落とすためにはDFAするしかないので、他球団に獲得されるリスクがあります。)

レンドンの故障者リストからの復帰予定も考慮しながら、タフな決断を下す日は近いと思われますが、チームの決断がどうなるのか。覚悟を決めて見守りましょう…!

おすすめコーナー

今日は久しぶりの、ホワイトユニフォーム着用での1戦でしたね!白はやっぱり爽やかに見えて、夏にはとても良いです!↓

↑大谷選手のユニフォームと比べると、トラウトのユニフォームは意外とお値段控えめで、日本の球場で売っている少し高いユニフォームと変わらないくらいのお値段でした!ご興味ある方はぜひ、チェックしてみてください〜!

ネビン監督の特集章(試合後会見翻訳紹介)

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。今日はなんと言ってもデトマーズの好投、そしてスタメン抜擢のモニアックの大活躍ですよね!

2人についてとことん語ってくださいました。さらには、デトマーズの好投の影にはあの選手の活躍も…?その辺りにも注目しつつ、以下、本日もぜひ、ネビン監督の会見の様子に目を通してみてください。

(会見の内容はこちらのツイートより引用しています)

-デトマーズについて①

『良いボールを繰り返し投げ込んでいて、安定していた。4回にスライダーが少し平面的な変化になったのは、唯一のトラブルだと思ったけど、その際にはウォラックが素晴らしいタイミングでタイムを取ってマウンドに行ってくれた。5回にもそうだったが、ウォラックはデトマーズ本人でさえも気づくことができていない、投球のちょっとした違いのようなものに気づけるみたいだね。長く組んでいるから。細かい調整をして、修正することができた。おかげで、その後もスライダーを安定して投げ込んでいけた。』

-デトマーズについて②

『直球とスライダーを軸に序盤から攻めていけたのも大きかったね。おかげで、打者3巡目にカーブやチェンジアップを上手く使う事ができた。試合前から話をしていたが、それこそが試合の終盤まで投げる方法だよ。試合序盤にどういう風にアウトを取ったのか踏まえて、3巡目で苦しくなってきたら、投球スタイルを少し変えて、まだ見せてない球種も使って打ち取るんだ。』

-デトマーズについて③

『確実に今シーズン1番良かったし、もしかしたら昨年のノーヒッターより良かったかもしれないね。ピッチングの経緯を考えれば。10個とか11個も三振を取ったんだから。あ、12か。……12?? ワオ。それはすごいね(笑)。』

-モニアックの活躍について

『(HRキャッチは)捕れてなければ入っていたかどうかは分からないな。報道陣の方が、自分よりたくさんリプレイを見てるんじゃないかな。なんにせよ、彼は、望んだ通りのことをやってくれている。オープン戦で活躍した後にマイナーに行くことになって、悔しかったと思うが、顔を上げて、3Aでも1ヶ月くらい、とても良い態度で頑張ってくれた。』

-モニアックの活躍について②

『今回チャンスを得て、頑張ってくれているよね。彼の打席でのアプローチはとても良いし、打撃コーチも良い仕事をしているんだと思う。でも、最後はミッキー次第だから。今は、故郷の西海岸に戻ってきて、調子も良いみたいだね。活躍が見られて、良かったよ。』

おすすめコーナー2

大谷選手も着用されていたニューバランスのキャップ、先ほどチェックしたら30%オフになっていました!KKも先日購入してから、日常使いしていますが、日差しが強い日が多いのでかなり役立っていて、オススメです!↓

同じようなカラーの、エンゼルスのキャップもありました!↑赤と違って目立ちすぎないので、ちょうど良いかもです!

次戦の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、パトリック・サンドバル投手!
前回はガーディアンズ相手に8回途中まで投げ切って3失点(自責点2)と、素晴らしい投球を見せてくれました!

シーズン序盤には早いイニングで降板が続いたこともあり心配しましたが、5月は3試合で19イニング投げて、しっかりと先発投手としての仕事を果たしてくれています。

ただし、明日はサンディの真価がより試される日になりそうです。なぜなら、今日の試合でムーアとエステベスが移動の上で連投してしまったので。明日は2人とも使えない可能性がかなり高いです。8回と9回をワンツとデベンスキーに任せる展開になりそうですが、それよりも早く降りてしまうと、ブルペンは厳しい継投になりそう。

そして、対するツインズの先発は、ルイ・バーランド投手。25歳、MLBデビューして2年目の右腕で、今シーズンの成績は4試合に登板して1勝0敗、防御率4.30です。

投げたイニング数を上回る奪三振数ですし、四球もそんなにたくさん出していません。強いて言えば被本塁打が4試合で6本と多めなので、オフ日明けでフレッシュなトラウトや、バーランド相手に2本HRを打ったことのあるウォードの活躍に期待したいです!

ホームに帰ってきて、初戦を良い雰囲気で勝てただけに、明日の試合が大切ですよね。連勝して、大谷翔平選手の登板日にバトンを繋げましょう!KK

タイトルとURLをコピーしました