5月30日 Angelsリポート ベン・ジョイスが164キロの電撃デビューで、シリーズ初戦を勝利!

Angels リポート

先発キャニングが今日も6回3失点で試合を作ると、7回からなんと1点リードで新人のベン・ジョイスがデビューし、無失点!その後は、デベンスキー→エステベスへと勝利のリレー。

そんな投手陣の頑張りのおかげで、初回にドゥルーリーとサイスの連続弾で奪ったリードを守って優位に試合を進めることができ、最後は6-4での勝利となりました!8回に犠牲フライで大事な追加点をあげてくれたネトが、守備でも大活躍してくれたのも、本当に大きかったです!

本日の記事では、久しぶりに最高な試合から、ヒーローインタビュー翻訳紹介も含めたサイス/ベン・ジョイスの特集と、ネビン監督の特集(試合後会見翻訳紹介)です!そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします。本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

サイス/ベン・ジョイス特集(インタビュー翻訳&成績紹介)

今日は先発したキャニングが、今シーズンベストの9奪三振!そして、上述の通り、1点差で新人のベン・ジョイスという驚きの継投がハマりました!そうした投手陣の活躍の裏には、オホッピが負傷してから、ずっとホームプレートの後ろで頑張ってきてくれているサイスの働きが、常にあります!

まずは、サイス本人が試合後に、今日はどんなことを語ったのか、今シーズン3度目の彼のヒーローインタビューの様子を以下で、引用してご紹介します!

(インタビューの内容はこちらのツイートより引用しています)

-ネトの最後のプレー、素晴らしかったですね!

『この前のヒーローインタビューで、ネトはキッズだ、って言いましたけど、今日もキッズはアンビリーバブルでしたね(笑)。「打てるのは分かってるけど、あんなに守れるなんて」とベンチでコーチとも冗談気味に話していたくらいです。試合最後のプレーなんて、あれを決められるショートはなかなかいないと思いますし、素晴らしいです。』

-サイス自身のHRもとても大きかったですね?

『ドゥルーリーが大きな3ランを打ってくれて、後に続くことができました。早い段階で攻撃陣が点を取れて良かったですし、後はやっぱり8回のキッズ(ネト)の打席ですね。あの犠牲フライはめちゃくちゃ大きかったです。どこまで注目を浴びているか分からないけど、本当に良い打席でした。』

-ベン・ジョイスのデビューについて、彼のボールを受けるのはどうですか?

『間違いなく、すごくハードです(笑)。球速164キロで、身長も、ものすごく高いように感じました。脚を伸ばして投げる時、捕手から触れそうなくらいに(笑)。ほとんど緊張もしてなかったし、ストライクを投げ込んでいて、冷静沈着でしたね!そんな姿が見られて良かったです!』

とのことでした!かなりヒーローインタビューにも慣れてきて、ネトを『Kid(子ども)』と呼ぶ、いつものパターンみたいなものも始まりましたね!(笑)

サイスはこのまま頑張ってくれれば、オホッピが次のシーズンに帰ってきても、もう一人の捕手として残ること間違いなし、と言った活躍です。というか、現在打率3割ちょうどで、OPSも.823なので、このままの勢いで打ち続けたら、レギュラーとしてサイスを求めるチームに、相当な見返りでオフにトレードになる可能性だってあるくらい。そんな風に考えると、今はとにかく、彼の活躍を目に焼き付けておきたいですね。

さて、今日は続いて、サイスもベタ褒めのベン・ジョイスが試合後にどのようなことを語ったのかも取り上げたいと思います。ジョイスの試合後の会見の様子を以下で、引用してご紹介しますね!

(会見の内容はこちらのツイートより引用しています)

-全く緊張してなさそうだったと監督もキャッチャーも言ってましたが、どうでしたか?

『最高でした。マウンドで最初から快適に感じましたし、想像以上でしたね。自分のボール信じて、ストライクを投げようと。上手くいきましたし、アメージングです。』

-7回の1点差で出番があると予想していましたか?

『とにかく試合に出られるということに興奮していました。どんな展開でも関係ありません。マウンドに行って、思っている通りのボールを投げようとするだけです。今日は良いところで投げられて、とても楽しかったです。』

-最初にヒットを浴びましたが、どう落ち着いたのでしょうか?

『呼吸をして、自分のボールを信じようと。また集中して、ストライクゾーンに投げ込んでいけば良いと考えました。過去にも厳しい場面で投げていたことがあったので、落ち着くために、その経験が助けてくれたように思います。』

-ご家族は来られていたのでしょうか?

『はい。両親に兄弟、ガールフレンドも。試合後に話せて良かったですし、来てくれて嬉しかったです。』

-チームメイトともお祝いできましたか?

『はい。最高でした。ラインナップカードをいただけて、ずっと自分の夢だったので。その後、選手たちにも挨拶させてもらえて。祝っていただいて、本当に楽しかったです。』

とのことでした!改めて書く必要もないと思いますが、今日のベン・ジョイスは本当にハンパなかったですね!投じた11球のうち、1球だけカットボールがあったのを除いて、10球のツーシームは全て160キロを超えていました。

流石にコントロールに関しては今日が出来過ぎだったようにも思いますが、これから経験を重ねて、安定して今回のようなパフォーマンスができるようになってくれれば、未来のクローザー間違いなしですよね。もしかしたら我々ファンは、すごい選手のデビューを目の当たりにしたかもしれません。

球速が出過ぎているので、肘への負担も考えてさすがに連投はしないだろうと思いますが、次回の彼の登板が今から待ちきれませんね…!

おすすめコーナー

ネビン監督の特集章(試合後会見翻訳紹介)

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。今日は試合前から、ベン・ジョイスがおそらくデビューすることになるだろうと語っておられたのですが、まさか1点差の7回に有言実行されるとは思いませんでした。

ジョイス本人が一番すごいですが、ガッツある継投を決断したネビン監督にも、大きな拍手を送りましょう!

会見ではジョイス以外に、ネトのこともたくさん褒めておられたので、その辺りも楽しんでいただきつつ、以下、本日もぜひ、ネビン監督の会見の様子に目を通してみてください。

(会見の内容はこちらのツイートより引用しています)

-ネトの活躍について

『最後のプレーは、抜けると思ったけどね。その前のプレーも含めて、すごいよ。8回の打席での追加点も、とても大きかった。彼にとってとても良い試合だったね。』

-ネトは期待を超えてきていますか?

『今朝、スポーツチャンネルで、大学選手のショーを見てたんだ。ネトのハイライトが流れてきて、去年大学でプレーしていたことを思い出した(笑)。とても良い活躍をしてくれているし、チームの中でもしっかりした存在感がある。ルーキーには普通できないことを、しっかりやってくれるよね。最後のプレーでもサードを確認してからでも、打者走者をアウトにできると分かっていたんだろう。素晴らしいよ。』

-ベン・ジョイスのデビューについて、「楽な1点差」で出しましたね?

『(笑)。もっと楽な展開が理想だったけど、今日使えるのが彼だったということ。全く状況に押しつぶされているような感じがなかった。最初の2球がもう素晴らしかった。追い込んでから次のカッターはイマイチだったけど、そこはまた修正するよ。』

おすすめコーナー2

次戦の先発ピッチャー&注目ポイント

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、タイラー・アンダーソン投手です!
前回のレッドソックス戦では、キャニングとバリアに続いて、6回1失点という好投を見せてくれました!

ただ、アンダーソンに関して少し評価が難しいのは、いつも試合はきっちり作ってくれるのは素晴らしいのですが、そもそも今期のアンダーソンに期待しているのは、単に「試合を作る」以上の活躍だということ。今シーズン素晴らしい活躍を見せているレンジャーズのイオバルディのようなFA先発投手もいた中で、あえてアンダーソンを選んでサインしたので、6回3失点ではなかなか満足しにくいところがあります。

しょっちゅう失点に四球が絡み、球数も多くなって、早めの交代を何度も何度も繰り返しているのもマイナスポイントですね。明日こそは、4月22日のロイヤルズ戦以来今季2度目の、無四球投球を見せて欲しいです。

厳しいことをいくつか書いてしまいましたが、ムーアの離脱でブルペンが苦しい中、アンダーソンが昨年のような活躍を見せてくれることを期待しているからこそです。明日はベテランの本領を発揮して欲しいです…!

そして、対するホワイトソックスの先発は、ルーカス・ジオリト投手。28歳、MLBデビューして8年目のベテラン右腕です。オールスター投手であり、サイ・ヤング賞の候補にも常連のように上がっていた選手。

昨年こそ防御率4.90と調子を落としていましたが、二桁勝利をキャリアで4回達成しているすごい投手です。

今シーズンはここまで11試合に投げて3勝4敗、防御率3.98という成績で、復調を目指す途中といった成績ですが、一度調子が上がってくれば、今季のトレードデットラインでトレードになる可能性がかなり高い選手なので、そういう意味でも注目したいですね。(特にエンゼルスとしては、右投げでエース級の先発投手をもう一人、プレーオフのために必ず欲しいところだと思うので。)

明日も今日と同様に、早めに先制点を奪って、良いディフェンスで先発を盛り立て、優位な展開で試合を進めたいです。また連勝していきましょう!KK

タイトルとURLをコピーしました