4月27日 Angelsリポート 作戦勝ち?強いチームの勝ち方!

Angels リポート

連日の、先発投手によるナイスピッチング。打線も中軸がしっかりと結果を残せば、下位打線も自分の仕事をこなして、、これこそ強いチームの勝ち方!と言いたくなるほどに素晴らしい試合展開で、エンゼルスが勝利を収めました!

11-3での快勝。先発したサンドバルは7回を投げ切って、5奪三振で自責点は2点のみ。ドゥルーリーの大爆発に加えて、終盤8回には明日の先発予定である大谷翔平選手にもホームランが飛び出しました!

本日の記事では、そんな快勝のゲームから、今日のベストプレー紹介に加えて、サイスのヒーロインタビュー翻訳紹介/監督会見コメントの翻訳紹介。そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします!本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

今日のべストプレー

今日のベストプレーは、ルーキー、ネトのタイムリーヒット!です!

なぜドゥルーリーではなく、こちらを選んだかと言うと、おそらくネビン監督やコーチたちが立てていたであろうゲームプランが、1番良く現れていたと感じたからです。以下で説明します。

昨日のミラー投手、今日のメディーナ投手と、アスレチックスの先発投手が、かなり勢いのある直球を投げ込んでくる若手投手でした。そんな中で、おそらくチーム全体のゲームプランとして、センターから逆方向に、と言う意識があったように思われます。

昨日、初回に4点を奪った攻撃では、トラウト・ドゥルーリー・アーシェラと、右打者3人が放ったヒットが全てセンターから逆方向。今日も2回の攻撃で、レンドン・レンフロー・ドゥルーリー、そしてこのネトと、全員が同じように上手くセンター返し/右打ちを決めていました。

ネビン監督は今シーズン、試合後の会見で何度か、コーチ陣が打撃のゲームプランを立てていると言う話をされていましたし、右打者の多くが、その日の初打席で、これだけ同じような形で結果を出しているので、ゲームプランの一環と考えるのが自然かとKKは感じています。

特にそれが現れていたと感じたのが、上記の、ネトのバッティング。彼は普段、思いっきり左脚を上げてスイングする姿がトレードマーク。いつも、2ストライクに追い込まれるまでは、これでもかと言うくらいに脚を上げます。ですが今日は、初球から脚を上げずに、コンパクトに右打ちを決めました。昨日は初回、ミラー投手に対して脚を上げて打ちに行って、ポップフライだったので、それも踏まえて修正を加えたんだと思います。

…相手の投手のタイプを踏まえて、攻め方を変える。こう言うことができていると、「強いチーム」に少し近づいているように感じます。あとはしっかり、凡ミスの修正にコツコツ取り組んで、貯金を作っていきたいですね!

サイスのヒーローインタビュー翻訳&成績紹介

初回に悪送球をしてしまい、守備面に大きく不安が集まったサイスでしたが、すぐに自分のバットで取り返してくれました!タイムリーヒットを含む、3打数2安打2打点1四球の活躍で、ナイスゲームに!
まずは、今日のヒーローインタビューの様子を以下でご紹介します。

-打撃の調子が良い感じですね?

『そうですね!チーム全体としてバットが振れているし、今日は良かったです。みんなが大事な時に1本打てたし、そんな姿を見られて良かった。』

-レンフローとドゥルーリーが絶好調ですね!

『本当ですね!2人とも素晴らしかったです。ドゥルーリーはこの好調を続けてくれると思いますし、チームもこのまま行きたいと思います。』

-サンドバルについて、長いイニングを投げてくれて、良かったですね?

『素晴らしかったです。序盤は少し制球に苦しみましたが、感覚を掴んでいったと思います。スライダーもチェンジアップも良かったし、戦い抜いてくれました!』

-シルセスについて

『彼も良かったです。ブルペンからの今シーズン初登板ですし、普段は先発投手なので、緊張したと思いますが、投げながら落ち着いて、良い仕事をしてくれました。』

とのことでした!どうでも良いことですが、話してる間ずっと手をブラブラしてしまうところが、とってもサイスの性格を表していて興味深かったです(笑)。

ツーベースヒット2本のバッティングだけじゃなく、キャッチャーとしても、サンディやシルセスを落ち着かせに行く姿が見えたり、今日は前回よりも頼もしく見えました。

明日は大谷翔平選手の登板日なので、おそらくウォラックがスタメンマスクを被ることになるかと思いますが、展開次第では好調のサイスが代打で登場することもあるかもしれませんね。

これからも併用が続いていくであろう捕手2人ですが、オホッピが負傷してから、何とか良く頑張ってくれていると思います。スタッシの復帰時期が未だにハッキリしてこない中で、彼らに取ってはある意味では最大のチャンス。明日からも頑張って、頼れるキャッチャーになって欲しいですね!

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。昨日に引き続き、優位な展開で上手く試合を運べた今日のゲーム。かなり登板機会の多かったブルペン陣を休ませることができたのも、本当に大きかったですよね。
今日はネビン監督はどのように試合を振り返られたのでしょうか。以下、本日もぜひ、会見の様子に目を通してみてください。

-サンドバルについて

『長いイニング投げてくれて、良かった。先発投手陣みんなに、試合の深いところまで投げて欲しいし、どうすればそうできるのか学んで欲しいと思っている。サンディが昨年もそうしてくれていたのはもちろん分かっているけど、今シーズンでは初めて100球、7回を言ってもらった。良かったよ。イニングが進むにつれて良くなっていったと思う。初回の失点は形も良くなかったが、そこからが良かった。』

-サンドバルについて②、何度か悔しい登板が続いた後に、今日のような結果は良かったですね?

『そうだね。みんな失敗したり、調子が悪くなったりはするものだし。サンディはブルペンでも頑張って調整していた。彼に取って大事なのは、無駄な投球をしないこと。投手優位のカウントを保って、早めに打ち取る。そこはまだ、今後も頑張っていかないとね。』

-ドゥルーリーの調子の良さについて

『良くスイングできている。ボールを運べているし、力強い。目的を持って打席に臨めている。そういう姿が見られて良かった。』

-サイスの活躍について

『良かった。初回のミスからよく取り返したと思う。あれで自分に腹が立っていたと思うけどね。捕手として良い試合だったと思ったよ。ブロッキングも良かったし、サンディの調子も上手く取り戻させた。5回だったかな、完璧なタイミングで声をかけに行っていた。2本のツーベースも良かったね。良いスイングができている。』

-シルセスについて

『ブルペンから出てくるのが初めてで、しかもMLBでも今年初登板だからね。まだ若いし、少しは緊張したんだと思う。2イニング目が、これから見せてくれるであろう投球だったと思う。ブルペン以外の役割になったとしてもね。フォーシームもツーシームもよく決まっていた。スライダーとスプリットも良いし、良いボールを持っている。』

明日の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、、、そうです、大谷翔平選手です!
今週は平日で、かつ日本時間で朝5時の登板となってしまい、そこは少し残念なところではありますが、逆にお仕事前に見られる!嬉しい!という方も多いのでしょうか?

もう改めて述べる必要も特にないのですが、今シーズンの大谷翔平選手は投手として、ほぼ無敵です。ちょっと四球が多いくらいで、もう他に何も言うことがありません。5試合に投げて、防御率0.64。28イニングしか投げていないのに、既に三振は38個奪っておられます。明日も多分、ほとんど点は取られないはず。だからこそ、早めの打線の援護で、良いペースで投げてもらいたいところ。

そして、対するアスレチックスの先発は、JP・シアーズ投手!昨年ヤンキースでMLBデビューしたあと、トレードデットラインでアスレチックスにやってきた27歳の左腕です。今シーズンはここまで4試合に登板し、防御率は4.98。前回のレンジャース戦では、6イニングで11個の三振を取っているので、そこは少し気になります。明日は打撃陣が、どんなゲームプランで臨むのかにも注目ですね。

ようやく終わりが見えてきた、魔の17連戦。明日は大谷翔平選手で絶対に落とさないで、きっちり3連勝&シリーズ勝ち越しと行きましょう!KK

タイトルとURLをコピーしました