4月22日 Angelsリポート 全員が大谷翔平選手に見惚れた日!快勝!

Angels リポート

「大谷が毎日投げれたらなぁ〜。」居酒屋で聞こえてくるような、そんな空想の話を真剣に考えてしまうほどに、スムーズすぎる試合展開。

今日のエンゼルスは、大谷翔平選手の7回無失点、11奪三振の好投と、女房役ウォラックの2ランホームランで、2-0の快勝でした!!守備陣の動きも素晴らしく、8回からマウンドを受け継いだリリーフ陣も危なげなく締めて、ゲームセット。素晴らしい勝利です!

本日の記事では、そんな試合から、今日のベストプレー紹介に加えて、ウォラックのヒーロインタビュー翻訳紹介/監督会見コメントの翻訳紹介。そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします!本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

今日のべストプレー

今日のベストプレーは、3回の表、無死1塁から起きた、素晴らしすぎるダブルプレーを選びました!!

大谷翔平選手の身体能力を考えれば、余裕でキャッチすることができたはずのピッチャーゴロ…。ですが、大谷翔平選手はとっさの判断でボールに触れず、打球はそのままショートのネトが守っていたところに。

大学自体に投手でも登板経験があり、150キロ台中盤の直球も投げられるネト。今日も素晴らしい肩を見せつけ、ダブルプレーとなりました!

これには、現地放送局(Bally Sports West)の実況席も大盛り上がり。

解説グービーさん『なんてプレーだ。ショウヘイが、あえて触りませんでした。なんてプレーだ。』

現地実況さん『たくさんの投手が、本能で捕ってしまいますが、そうなるとダブルプレーは取れませんからね。』

解説グービーさん『コツとしては、内野手がどこにいるのかしっかり確認しておくんだ。ショウヘイはすぐにグローブを引いた。すぐに、自分が捕るとダブルプレーにするのは難しいと分かったんだよ。』

と。KK個人的には、「なんてプレーだ。」と二度おっしゃった時に、どれだけグービーさんが驚かれていたのか伝わってきて、嬉しくなりました。

投球内容も、書く必要もないほどに素晴らしかったのですが、WBCでは打者としてもとっさにバントを決めたり、今日も投手としてこうした守備を見せたりと、大谷翔平選手のベースボールIQには本当に驚かされることばかりです。今から次回登板が待ちきれませんね!

ウォラックのヒーローインタビュー翻訳&成績紹介

ここまで大谷翔平選手の登板試合といえば、女房役のオホッピがHR、というのがある種お決まりのような展開だったのですが、そのオホッピが故障者リスト入り。

どうなることかと思いましたが、代わりに捕手としてマイナーから上がってきたウォラックが、そのままその役目を引き継いでくれました!まずはヒーローインタビューの様子を以下でご紹介します。

画像
本日のヒーロインタビューの様子。画像はBally Sports Westの中継より引用。

-今シーズン初打席が2ランHRとなり、ショウヘイに良い援護点になりましたね!

『そうですね!打てて気持ち良かったです。この舞台に立って、チームの役に立てて嬉しいです。自分ができることであれば、何でも!』

-大谷翔平選手について、今日も素晴らしかったですが、何が良かったのでしょうか?

『今日はショウヘイの球種全てが良かったと思います。スライダーも直球も。彼が投げる全てのボールが、今夜はエグかったと感じました!』

-ネトの守備も素晴らしかったですね?

『そうですね。大きなプレーをいくつか決めてくれました。9回のプレーももちろんですが、ショウヘイが投げている時のダブルプレーも。ショウヘイの球数をセーブできましたし、ネトにとっても良い試合だったと思います!』

とのことでした!31歳で、何年もMLBとマイナーでプレーを続けてきている選手だけに、とても落ち着いた口ぶりでしたが、上がってきてすぐのこの活躍、本当に嬉しかったでしょうね。

今日の成績としては、3打数の1安打、この1HRのみではありました。が、捕手としても、とても落ち着いていて、キャッチングも特に心配することもなかったのが素晴らしかったと思います。(もう1人の捕手のサイスが、先日1イニングに2度の打撃妨害をやっているだけに。)

毎日とは言いませんが、数日に1度くらい、今日のようにバットでも見せてくれるとかなり頼り甲斐が出てくるかと思います。何度もMLBとマイナーとを行き来したウォラックが、ようやくチャンスをものにするのか、注目ですね!

ネビン監督の試合後会見翻訳紹介

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。今日は、当然ですが、とにかく大谷翔平選手についての質問が相次ぎ、ネビン監督もいつになく饒舌にお答えになっておられました!(翻訳するのもめちゃくちゃ大変でした(笑))
以下、本日もぜひ、会見の様子に目を通してみてください。

-大谷翔平選手について①

『初回に先頭打者を歩かせなかったね。今シーズン初じゃないかな。ショウヘイに対して、少しネガティブなことを言える機会なんてほとんど無いから、言っておかないと損だよね?(笑) 冗談は置いておいて、真面目に、彼は素晴らしかった。今日もスウィーパー(スライダー)をたくさん投げていて、直球も90マイル後半出ていた。彼らしい登板だったよ。初回に1・2・3番を三者連続三振に取るんだから、自分もMLBでほとんど見たことないくらいに支配的な投球だった。本当に素晴らしかった。』

-大谷翔平選手について②、今日はカーブが多めでしたね?

『ショウヘイにも聞いてみる必要があるけど、彼は相手打者の研究をたくさんしているし、どの場面でどの球種を使うのが良いのか分かっているんだと思う。手を離れた瞬間はボール球に見えたり、リリースを少し低くしたりすることで、打者の視線が変わって、それに対するスイングも変わる。カーブはショウヘイの武器の1つだし、何度も使うわけではないが、使えばとても効果的だよね。』

-大谷翔平選手について③、彼と対戦する打者は大変ですね?

『そうだね。打者の観点から考えると、ショウヘイに対してどんな用意をするのか全く想像もつかないよ。160キロくらいのボールを投げれるけど、直球ばかりというわけではなくて。スウィーパー(スライダー)をストライクゾーンや厳しいところに投げられると、誰にも打てない。ショウヘイと対戦しなくて良いことを幸運だと思う。こっちのチームでね。改めて今日は良かった。』

-大谷翔平選手について④、まだシーズン序盤ですが、サイ・ヤング賞候補だとお考えですか?

『うん。というか、毎年思っている。もちろんね。ヤンキースのコールもとても良い成績を残しているみたいだし、今年のシーズンを通じて、見ていて楽しい競争になると思うよ。』

-大谷翔平選手について⑤、ボールを避けてダブルプレーにしたプレーについて

『ネトがどこを守っているのか、確実に分かっていたんだと思う。捕りにいったら、ダブルプレーにすることが難しいこともね。素晴らしい直感のベースボールIQだよ。ショウヘイは自分が見てきた中で、最もスマートで、天性の野球選手の一人だ。』

-ウォラックについて

『昨年も、デトマーズのノーヒッターのキャッチャーを務めて、HRを打った。攻撃面でも、AAAで良い成績を残していて、とても良いリポートが届いている。捕手としても、捕るのが上手で、投手たちも投げやすい感触を持っている。明日はサイスがスタメンで、ウォラックはデトマーズとまた組むよ。ノーヒッターのバッテリーの再来だし、デトマーズが昨年マイナーに行った時に14奪三振を取った際も、ウォラックが捕手だった。質の高い捕手だし、ベテランだ。攻撃面に注目が集まることは分かっているが、今日は1本出て良かった。』

明日の先発ピッチャー&おわりに

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、タイラー・アンダーソン投手です!開幕してからここまで3試合に登板して、防御率は6.75。1試合目こそ好投を見せてくれたものの、その後の2戦は5失点、6失点でそれぞれ5回持たずに降板となっています。

昨シーズン15勝5敗、防御率2.57で、WHIPも1.00と、素晴らしい成績を残したアンダーソン。ホーム、エンゼルスタジアムでのゲームで、相手も攻撃力がそこまで高くないロイヤルズなので、明日こそは彼らしい投球で、しっかりと6回まで投げ切ってくれることを期待します。

対するロイヤルズの先発は、ザック・グレインキー投手!MLB好きであれば必ず知っている、39歳のレジェンド右腕です。変わり者なことでも有名で、彼の振る舞いはなかなか面白いので、その辺りは明日の日本の中継でも紹介されるのではないでしょうか?

2009年には、サイ・ヤング賞も獲得したグレインキー。ゴールドグラブ賞6年連続受賞の、素晴らしいフィールダーでもあります。今シーズンはここまで4試合に登板し、0勝3敗、防御率4.03。ですが、どの試合も5回以上を投げ、しっかりゲームメイクはできています。

リズムに乗せると嫌なピッチャーなので、しっかりと上位打線が捉えて、走者を出しながら試合を進めたいですね。大谷翔平選手のおかげで止めた連敗。良い勢いで、今度は連勝していきましょう!KK

タイトルとURLをコピーしました