6月14日 Angelsリポート 大谷選手は今日も2本&盗塁も!パパフローの1発で、連勝です!!

Angels リポート

首脳陣・選手・審判・ファン、全員が疲れ果てた昨日の延長12回の激戦から一夜明け、今日もエンゼルスは競り勝って、連勝を決めることが出来ました!!

7-3。勝利投手はナイスリリーフを見せてくれたハーゲットで、今日もエステベスがキッチリ締めて18セーブ目を上げています!打撃陣では、レンフローの逆転2ランと、ネトのダメ押しHRと言った、1発での得点が光りました!

本日の記事では、そんな嬉しい連勝の試合から、ヒーローのレンフローの特集と、明日の先発投手&注目ポイントのご紹介です。本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

レンフロー特集(インタビュー翻訳&成績紹介)

先日少しの間チームを離れて、パパになって帰ってきたレンフローが、パパらしい活躍を見せてくれました!逆方向に飛んで行った逆転の2ランHRが、そのまま決勝打に!

まずは、パパフロー(笑)本人が、試合後にどんなことを語ったのか、彼のヒーローインタビューの様子を以下で、引用してご紹介します!

(インタビューの内容はこちらのツイートより引用しています)

-逆転の2ラン、パパになったパワーでしょうかね?

『ちょっとパパらしくなれましたかね(笑)。今日は調子が良いように感じていました。昨日もそうだったんですが、何も出来なかったので。チームメイトみんなが頑張ったと思います。きっちり抑えた投手陣も、終盤のチャンスでの得点も良かったです!』

-ザック・ネト、素晴らしい活躍ですね?

『チームにエネルギーを与えてくれています。打撃面での働きが素晴らしいし、守備ももちろんです。良い仕事をずっと続けてきてくれていますし、一緒のチームにいれて楽しい存在。ルーキーとしてすごい活躍で、スポットライトの当たる場面でとても良い結果を出していますね。』

-レンジャーズとのシリーズの最初2つを取れたのはどうでしょうか?

『大きいと思います。レンジャーズとも互角に戦えると感じていましたし、ウチも才能のある選手たちばかりなので。フィールドに出て行ってそれを示すだけです。ショウヘイが最高に調子が良いし、トラウトも彼の後ろに控えている。一度火がつけば、自分達を止めるのは大変でしょうし、これからも進み続けます!あと、投手陣は本当に素晴らしいです!最高ですね!』

とのことでした!レンフローのヒーローインタビューは、実は今季初めてだったと思うのですが、ものすごく早口で、捲し立てる感じでお話しされる方で、結構驚きました。

何となく、雰囲気からもっと寡黙なタイプかと思っていたのですが、、やっぱり内面を知れるとより選手のことを知った気になれて、嬉しいですね!応援する際の印象も変わってきそうです。

シーズントータルこそ打率.242、OPS.735と言う数字が残っていますが、実はレンフロー、ここのところ不調に苦しんでいました。直近15試合では、打率.183、OPS.572と言う厳しい数字が残っています。

でも、インタビューでエリカさんがおっしゃった通り、パパになったパワーがこれから出てくるはずですので、また調子を上げて行って欲しいですね!(笑)

大きな1発だけでなく、守備でも肩で、いつも見せてくれるレンフローの今後の活躍(とお子様の健やかな成長)を、祈りたいと思います!

おすすめコーナー

次戦の先発ピッチャー&注目ポイント

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、リード・デトマーズ投手です!前回はカブス戦に登板し、6回途中1失点という内容で、ようやくの今季初勝利をあげることができました!

ここまで、好投を見せても打線の援護と噛み合わなかったりして、なかなか勝利がつかずに来ていたデトマーズ。それだけに、1度勝ちがついたら、一気に波に乗ってくれるのではと期待しています。

前回の登板でも、大ピンチを作って、6回の火消しをデベンスキーに託してしまった反省点はありましたが、それでも8奪三振はさすがでした。今季の奪三振率10.86は、彼のキャリアハイの本当に素晴らしい数字なので、明日もどれくらい三振が取れるかに注目です。

そして、対するレンジャーズの先発は、アンドリュー・ヒーニー投手です。32歳のベテラン左腕で、かなり長い間エンゼルスにいた投手なので、ご存知の方も多いと存じます。

エンゼルスを出た後はヤンキース→ドジャースと渡り歩いて、今シーズンからはレンジャーズに所属。今季の成績は4勝4敗で、防御率4.14、WHIPは1.25です。

もう少し詳細を見ると、奪三振率は彼らしい、9.29と言う数字で、投げたイニング数以上の三振を奪っています。ただ、今期はかなり制球が荒れている日も多いようで、与四球率が3.86と高めです。(これでもアンダーソンよりは低いですが。

エンゼルスのメンバーで、過去に唯一10打席以上の直接対決があるのが、今日HRを放ったレンフロー。どうやら打率.333、1HRと得意にしているようです。既述の通り、最近パパになったばかりのレンフローに、明日も”ダッドパワー”での1本を期待しておきしょう!KK

タイトルとURLをコピーしました