6月25日 Angelsリポート 25-1!!!アメフトのスコアですか?いいえ、エンゼルスです。

Angels リポート

エンゼルスは今日、25-1という、野球とは全く思えないスコアで大勝し、チームの1試合最多得点の記録まで塗り替えてしまいました!

勝利投手はキャニングで6勝目、どれだけ長い攻撃が続いても集中力を切らさなかったのがさすがでしたよね!先発出場した野手陣は全員安打を放っていて、特にチームに加入した直後のエスコバーと、昇格直後のフレッチャーも元気な姿を見せてくれたのが良かったです。

本日の記事では、そんな最高の勝利の試合から、ヒーローのモニアックの特集と、ネビン監督の特集(試合後会見翻訳紹介)です!そして、最後には次戦の先発投手と注目ポイントもお知らせします。本日もぜひ最後まで、ご覧ください!

ミッキー・モニアック特集(インタビュー翻訳&成績紹介)

今日は久しぶりに、我らがミッキー・モニアックがヒーローでした!

本当に、全員がヒーローに値する活躍を見せてくれた試合でしたが、その中でもやっぱり、サイクルヒットの期待を抱かせてくれたミッキーは特別でしたね!↓

まずは、モニアック本人が試合後にどんなことを語ったのか、彼のヒーローインタビューの様子を以下で、引用してご紹介します!

(インタビューの内容はこちらのツイートより引用しています)

-すごい日で、歴史的な試合でしたが、ベンチの雰囲気はどうでしたか?

『楽しかったです!みんな良い打席を続けていて、チーム全体で頑張れたかな、と。今日は特に、全員が調子良くて、打てるボールをしっかり逃さなかった日だったと思います。』

-25得点目は、ミッキー本人の得点でした。記録に名前が残りますね!

『そうですね、すごくクールです!サードに行った時に、コーチが教えてくれたので知っていました。ウォードが必ずチャンスをモノにすると信じていましたよ。そんな歴史の中の一部になれたのは、とてもスペシャルだなと感じます。』

-サイクルヒットまであと1歩でしたね?

『打った瞬間にスリーベースを考えていて、興奮しすぎたと思います。足がもつれたのか、ベースでつまづいたのか分からないけど、まぁこんなもんですね(笑)。勝ったから良しです!』

-キャニングの好投も素晴らしかったですよね!

『100%そうだと思います!キャニングはここ5,6試合とても調子が良いですし、彼が良いペースで0点に抑えて、守備を終わらせてくれるので、打撃陣にも良い影響が確実に出ていると思います。今日もアンビリーバブルでした!イングラムが後を継いで、デビットソンが締めて、チームみんなの力での、大きな勝利でしたね!』

とのことでした!実はモニアック、いつもヒーローインタビューで投手陣について尋ねられると、その日登板した投手全員の名前をあげて、褒めているんですよね。そんなところもナイスガイです!

成績を見ておくと、今日のモニアックは5打数5安打で、HR1本を含む4打点の活躍でした!今日はまさに、昇格直後の頃のような勢いのあるスイングでしたね。シーズントータルの成績も、打率.337、HR7本、19打点で、OPS1.074というハンパない成績が残っています。

毎日試合に出られるわけではない起用法の中で、これだけの成績を残してくれているのは、素晴らしいとしか言いようがありません。下記のネビン監督のコーナーでも取り上げていますが、監督は、モニアックが『打順を決めるのを難しくしてくれている』と語っておられました(笑)。

これからもアピールを続けて行って、最終的には今のトラウトのような不動のポジションを獲得して欲しいと願います。エンゼルスの未来は明るそうですね!!

おすすめコーナー

ネビン監督の特集章(試合後会見翻訳紹介)

さて、ネビン監督の試合後コメントのご紹介です。今日はおそらく、指導歴の長いネビン監督にとっても経験のない試合だったことだと思いますが、試合後の会見では冷静な姿が印象的でした。

傲慢にならないように、という気持ち、そして相手チームへのリスペクトがよく現れていて、ある意味なんともネビン監督らしいなぁと感じます。

その辺りにも注目しつつ、以下、本日もぜひ、ネビン監督の会見の様子に目を通してみてください。

(会見の内容はこちらのツイートより引用しています)

-歴史的な試合でしたが、ベンチの中ではどうでしたか?

『そうだね…、最初からバットが振れていて良いスタートが切れて、良かったと思った。ただ、ベースボールや、ロッキーズの監督、向こうのファンなどにリスペクトを欠くような事がないようにと心がけていたよ。変なことにはなって欲しくないから。』

-攻撃陣の素晴らしい結果については?

『アグレッシブで、ゾーン内のボールにアタックできたと思う。バッティングには、「流れ」が繋がる時があるしね。あと、人がいないところに飛んだりもあって。そうして、大量点にもなってね。ただ、自分にとってはキャニングの素晴らしい好投が1番印象的だった。自分も含めて、こうした試合では集中力を失いがちなものだけど、しっかりストライクを投げ込んで行って、6回まで投げ切ってくれた。』

-後を継いだリリーフのイングラムについて

『イングラムも良いボールを投げていたと思ったよ。先週のカンザスシティでの登板以来で、投げてる姿を見れて良かったし、ブルペンを休ませることができた。』

-フレッチャーの復帰は、チームに勢いもくれましたね?

『そうだね、彼は大きな存在だから。戻ってきて、チームに貢献する姿が見られて嬉しいよ。大きな存在だ。』

-モニアックがつまずいた時はどう思いましたか?

『すぐにケガしていないか心配したよ、正直に言ってね。アーシェラの故障の時と少し似ていたから。だけど、モニアック自身はスリーベースが頭の中にあったんだろうね(笑)。よくバットが振れているし、彼もチームの大きな存在の1人。毎日打順を決めるのを難しくしてくれているよ。そういう悩みを持てるのは幸せなことだね。』

-ムスタカスをロッキーズから獲得したんですか?

『うん、獲得した。明日はこっちのベンチにいる。一塁で、右投手相手にとか、色々また考えるよ。10日前くらいから、毎晩、「誰がサードでファーストで…」と考えている。層を厚くして、どうしようか悩めるのは幸せだね。今週はみんなも見ていてわかったと思うけど、打線にこれまでのような層の厚みがなかったから。そうした悩みは解決されたように思う。』

-3者連続のHRについて

『HRバッターたちがあぁいうことをやってのけてくれると、チームにも勢いがつくよね。試合前にも話したけど、GMが故障の穴を埋めようと頑張ってくれているし、そういう姿勢は選手たちにも伝わっている。上を狙っていくんだという気持ちがね。エスコバーが来てくれて、明日にはムスタカスが来る。良い雰囲気がクラブハウスにも出てきていると思うよ。』

おすすめコーナー2

次戦の先発ピッチャー&注目ポイント

本日もここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

明日のエンゼルスの先発投手は、タイラー・アンダーソン投手です!
前回のロイヤルズ戦では、5回を投げて2失点というピッチングでした。スケジュールが今週空いていたので、バリアが6回からリリーフしてくれましたが、明日はぜひ6回投げ切って欲しいなと思います。

実はアンダーソン、エンゼルスがMLB6チーム目の所属チームなのですが、キャリアをスタートしたのはロッキーズでした。なので、古巣での先発になります。

詳細に見てみると、アンダーソンはロッキーズで4シーズンプレーしていますが、通算では18勝24敗という成績。豪速球で抑えるタイプでは無いので、おそらく高度には相当苦しんだと思いますが、その経験を活かしたスマートなピッチングを期待したいです。

そして、対するロッキーズの先発は、オースティン・ゴンバー投手。29歳の左腕で、アレナドのトレードの中で、ロッキーズがカーディナルスから、2年前に獲得したピッチャーです。

2メートル近い長身から、角度をつけて上から投げ下ろすようなフォームが特徴。ロッキーズに来て1年目は9勝9敗で防御率4.53、2年目は5勝7敗で防御率5.56という成績が残っています。

イニング数が少し異なるとは言え、カーディナルス時代のルーキーイヤーでは0.84だった被本塁打率が、ロッキーズ1年目で1.56に爆上がり。2年目で1.44で、今シーズンは更に2.38まで上昇していますので、相当高度に苦しめられているようです。であれば、明日もHRが数本見たいところですね。

改めて、今日は本当に、野球を見ているとは思えないくらい新感覚の展開で、見ていて楽しい試合でしたよね!ただ、「勝って兜の緒を締める」必要がありますので、浮かれずに明日もキッチリ勝って、今月5度目のシリーズ勝利と行きましょう!KK

DAZN
タイトルとURLをコピーしました